• TOP
  • 国内
  • 有名レーサーが巻き込まれた日産GT-R「盗難」トラブル

国内

2020.07.11 16:00  週刊ポスト

有名レーサーが巻き込まれた日産GT-R「盗難」トラブル

トヨタの車ではなかった(最新のGT-R。写真/AFLO)

「日産GT-R」──日本が世界に誇るこのスポーツカーは、カーマニアの間でも人気が高く、中古でも平均700万円台で取引されている。

 この名車をめぐって、2008年と2016年にドリフトの全日本選手権「D1グランプリ」を制覇した有名レーサーがトラブルに巻き込まれた。

 彼の名は、斎藤太吾氏(40)。トヨタとマクドナルドがコラボしたネットCMに出演する実力派レーサーだ。この斎藤氏が経営する中古車販売店で販売していたGT-Rが、“盗難車”の疑いをかけられたのである。別の中古車販売店の経営者・A氏が憤慨する。

「5年前(2015年)の夏、私の店の扉が壊され、GT-Rが盗まれたんです。私はすぐに被害届を出しましたが、長い間見つからなかった。ところが2017年の秋、オークションサイトで盗まれたGT-Rと同じホイールやボディ、ブレーキなどをバラバラに出品している業者を発見した。それが斎藤氏の中古車店でした。

 斎藤氏の店に行くと、盗まれたGT-Rと同じ車体フレームとエンジンもありました。フレームについている車体番号は削られ、車検証もない状態。ただ、エンジン番号でウチにあった車だと確認できました。こうした状態なら盗難車両と疑って、まともな業者は取り扱わないはずです」

 一方、斎藤氏に訊くとこう説明する。

「僕はGT-Rをオークションサイトで300万円ほどで購入しました。業者から受け取った時は鍵もあったので、盗難車だとは全く思いませんでした。借金のカタに取られた場合などは、車体番号が削られていることもあり得るのかな、と……。車検証も、業者から“後で用意する”と言われていました」

関連記事

トピックス