• TOP
  • ライフ
  • 貴重な記録写真で振り返る「としまえん」の思い出

ライフ

2020.07.13 16:00  週刊ポスト

貴重な記録写真で振り返る「としまえん」の思い出

 大正・昭和・平成そして令和、と老若男女に親しまれ、最盛期には来園者400万人を誇った遊園地・としまえん(豊島園)が2020年8月31日に閉園する。恋人とのデート、家族サービス、アイドル撮影会……人それぞれの思い出を、貴重な記録写真で振り返る。

◆波のプール(1979年撮影)

長い歴史に終止符を打つ(時事通信フォト)

 1929年の大プール・小プール開業からプールはとしまえんの名物。1973年に完成した「波のプール」は瞬く間に若者の人気スポットとなり、夏に100万人もの人が訪れた。ほかに一周350メートルの流れるプール(1965年~)、ナイヤガラプール(1961年~)、こどものプール(1974年~)、23区内最大規模の大型ウォータースライダー「ハイドロポリス」などがある。

◆ヌード撮影会(1948年)

ヌード撮影会が行われたことも(写真/共同通信社)

 終戦から3年しか経っていない時期にヌード撮影会が開催され、二眼レフを構える参加者たちで賑わいを見せた。どの様な経緯で開催されたかは不明。

◆野外舞踏会(1951年)

占領下の時代に舞踏会(共同通信社)

 戦後の主権回復前の占領下の時代には、松竹歌劇団(SKD)の養成学校・松竹舞踊学校の生徒たちによる野外舞踏会が行なわれた。

◆母親と児童の交歓会(1959年)

くす玉割りを楽しむ(共同通信社)

 くす玉割りを楽しむ母子の交歓会。ほかにも戦災孤児の入学祭りや米兵との日米親善イベント、企業運動会など運動場でさまざまなレクリエーションが催された。

関連記事

トピックス