芸能

霜降り明星やEXIT、ミキなどお笑い第7世代の特徴と魅力

大御所芸人とも渡り合う“第7世代”の旗手、霜降り明星/吉本興業(時事通信フォト)

 テレビを見ているとやたら耳にする「第7世代」と呼ばれる芸人たち。新時代の若手芸人たちは“ガヤ”として各メディアに引っ張りだこでいまや一世を風靡しつつある。

 でも、そもそも“第7世代”と括られる芸人とは──? その“正体”と人気の理由をお笑い評論家のラリー遠田さんが紹介する。

「霜降り明星のせいやさんがラジオ番組で自分たちを含む若手芸人たちを“第7世代”と言い始めたのをきっかけに、彼らと同世代の芸人が注目されるようになりました。明確な定義はありませんが、平成生まれで芸歴10年以内ぐらいの芸人を指して使われることが多いようです。とんねるず、ウッチャンナンチャン、ダウンタウンの世代が“お笑い第3世代”と呼ばれていたことがありました。

 彼らは新しい価値観の笑いを生み出し、ゴールデンタイムに冠番組を数多く持つなどひとつの時代を作りましたが、第7世代の大きな特徴は、テレビを絶対視していないということ。彼らが物心ついた頃にはネットが普及していたため、ネット番組やYouTubeのメディアになじみも深く、独自の笑いを追求しネットを駆使しながら笑いを生み出しているのです」(ラリー遠田さん)

 テレビに縛られることなく活躍の幅を広げる第7世代。“お笑い”の中身も、先輩たちの枠にとらわれず、新しい形を作ってほしい。

◆霜降り明星/吉本興業
せいや(27才)、粗品(27才)

【profile】
 2013年結成。ボケのせいやとツッコミの粗品は、『M-1グランプリ』(2018年)の第14代目王者となったのを機に、知名度は一気に全国区に。現在レギュラー番組を10本以上抱える売れっ子。毎日アップされている『しもふりチューブ』(YouTubeチャンネル)の登録者数は87万人を超える。

「コンビとして『M-1グランプリ』優勝。ピン芸人として粗品さんは『R-1ぐらんぷり』(2019年)優勝を果たしていて、実力と実績では第7世代の中でもずば抜けています。せいやさんは“第7世代”という言葉の提唱者でもあり、名実共にこの世代を牽引するリーダー的な存在です」(ラリー遠田さん・以下同)

◆EXIT/吉本興業
りんたろー。(34才)、兼近大樹(29才)

【profile】
 2017年結成。ボケの“かねち”こと兼近と、ツッコミのりんたろー。の年の差コンビ。昨年パシフィコ横浜での単独ライブでは5000人を集客した。彼らのファンを“ジッター”と呼び、女性誌の表紙を飾るなどアイドル級の人気を誇る。

「『チャラ男』的な見た目と内面の真面目さのギャップが売りのネオ渋谷系“パリピ”漫才師です。ネタやキャラクターを作り込むセルフプロデュース能力が優れているため、結成して間もなく若者を中心に大ブレークを果たしました」

◆ミキ/吉本興業
亜生(あせい・31才)、昴生(こうせい・34才)

【profile】
 2012年結成。ツッコミの昴生とボケの亜生による実の兄弟コンビ。横山やすし・西川きよしや、ダウンタウンなどが過去に大賞を受賞した、上方演芸界で最も長い歴史を持つ賞レース・上方漫才大賞で昨年新人賞を受賞。

「血を分けた兄弟だからこそできるピッタリ息の合った超高速の掛け合いが魅力的な本格派の漫才コンビです。明るく爽やかなルックスの弟・亜生さんが女性ファンに愛されている一方、WHO(世界保健機関)のテドロス・アダノム事務局長似の兄の昴生さんは先輩芸人からもそのネタでよくイジられる“かわいがられ”キャラです」

関連記事

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン