• TOP
  • 芸能
  • 東出昌大、離婚前の「アポなし帰宅」 杏は拒否していた

芸能

2020.08.01 07:00  NEWSポストセブン

東出昌大、離婚前の「アポなし帰宅」 杏は拒否していた

離婚は避けられなかった(ABACA PRESS/時事通信フォト)

離婚は避けられなかった(ABACA PRESS/時事通信フォト)

 俳優の東出昌大(32)と杏(34)の離婚は、避けられなかったのかもしれない。女優の唐田えりか(22)との不倫が1月に報じられてからというもの、東出はなんとか夫婦関係を修復しようとしていたが、叶わなかった。芸能関係者が語る。

「不倫報道直後は、東出さんはCMが相次いで降板となり、ほとんどの仕事がキャンセルになった。クライアントから巨額の違約金を求められるという報道もあり、俳優生命はピンチでした。

 それが、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が7月23日に公開されるのにあわせて、その宣伝も兼ねて長澤まさみさんらと多くのテレビに出るようになり、だんだん“禊”が済んだかたちになってきた。最近ではいくつかの映画やドラマのオファーも来るようになったと聞いています。仕事が再び軌道に乗りつつある中で、本当は杏さんと復縁したかった東出さんも、離婚届に判を押す決意が固まったのではないでしょうか」

 実は、新型コロナウイルスがここまで大きく広がる前の2月中旬の深夜、東出は杏と住んでいた自宅に「アポなし」で帰宅しようとしていた。当時、近隣住民はこう語っていた。

「杏さんの家をのぞき込んでいる人がいたから不審者かと思ったら、東出さんだったので驚きました。東出さん、自宅に入れなかったんでしょうね。外から家をのぞいていたものの、しばらくしていなくなりました」

 東出は、不倫が発覚して家を追い出された当初から杏に直接会って謝りたいと訴えていたが、電話にも出てもらえず、メールなどにも返信はほとんどなかったという。連絡を拒否された彼がとった最後の手段が、“アポなし突撃”だったわけだが、家には入れなかったようだ。

 5年半でピリオドを打った結婚生活。不倫の代償はあまりにも大きかった。

関連記事

トピックス