• TOP
  • スポーツ
  • 大谷翔平を苦しめる手術後の恐怖の正体 村田兆治氏が解説

スポーツ

2020.08.03 16:00  週刊ポスト

大谷翔平を苦しめる手術後の恐怖の正体 村田兆治氏が解説

手術からの復帰は容易ではない(時事通信フォト)

 トミー・ジョン手術から投手として復帰を目指すエンゼルスの大谷翔平(26)が苦しんでいる。693日ぶりとなった登板では1死も取れず5失点KO。2度目の登板も、制球が定まらず2つの押し出しを与え、2回途中で降板となった。試合後、右腕に違和感を訴え、MRI検査を受けたとも報じられている。状況が心配されるが、大谷はいま、どのような困難に直面しているのか──。

 中前打、四球、四球、四球、右前打、右前打。7月26日のアスレチックス戦、大谷は1アウトも取れずに降板した。球数はわずか30球。球速は95マイル(152キロ)にとどまり、決め球のスプリットは1球も投げなかった。開幕前に登板した紅白戦3試合でもまったく制球が定まらず、2018年10月に受けた右肘靱帯再建手術、通称「トミー・ジョン手術」からの復活が、容易でないことが窺える。

「大谷はまだ怖がりながら投げているよ。打者に向かっていかないといけないことを頭ではわかりつつも、体が勝手に反応して(メスを入れた)肘をかばった小さなフォームになってしまっている」

 こう語るのは左脚を高く蹴り上げる「マサカリ投法」で通算215勝をあげた村田兆治氏。いまや大谷のみならず松坂大輔らも選択し“球界の常識”となったトミー・ジョン手術を37年前に受け、2年のリハビリを経てカムバック賞を受賞している。

「この手術は成功率が高いといっても、手術すれば安泰ではなく、術後の努力や執念がないと復活できない。調子がいい時の大谷は、投げた後に、右足に躍動感があった。踏み込んだ左足の膝に体重が乗って、遅れながら出てくる腕が振れていた。今は上半身だけで投げている」(村田氏)

関連記事

トピックス