芸能

NiziUプロデューサーJ.Y.Park氏、世界最高の上司と称される理由

パク氏のあだ名は「餅ゴリ」(写真/AFLO)

 ソニーミュージックと韓国の大手芸能事務所「JYPエンターテインメント」が共同で行ったオーディション番組『Nizi Project』(以下、「虹プロ」。動画配信サービス「Hulu」にて配信)。

 2019年7月から始まったオーディションの様子に密着し、日本の8都市と米ハワイ、ロサンゼルスでの地域予選、東京合宿、韓国合宿の様子が映し出された。6月26日に発表された9人の最終メンバーが『NiziU』としてデビューすることになった。

 そんな彼女たちに負けない話題となっているのが、NiziUの立役者で「虹プロの陰の主役」と呼ばれる韓国人プロデューサー・J.Y.Park氏(パク・ジニョン、以下、パク氏。48才)だ。

 その人気は「世界最高の上司」と称されるほどだ。

「働き方評論家」の千葉商科大学准教授の常見陽平さんはパク氏が「理想の上司」に求められる特長を備えていると言う。

「近年、理想の上司に求められるのは『褒めて伸ばす』『面倒見がいい』ということです。男性中心、新卒中心だった企業も、いまは女性の進出が増え、新卒と中途採用が入り乱れています。外部パートナーや派遣社員とチームを組むことも増えました。こうした多様な人材がいる社会組織では、それぞれの長所を探して伸ばすことが重要視されるんです。パク氏は、そうした理想的な姿を体現した存在といえるでしょう」

 オーディションのプロデューサーといえば、会社の上司以上に「絶対的存在」だ。なかには“黙っておれの言うことを聞け”という姿勢を取る人もいるだろう。しかし、パク氏はまったく逆だ。

「彼は練習生のパフォーマンスを見た後、必ず練習生に“自分はどう感じたか”を質問します。そして、練習生の言葉を否定することなく、真剣な表情で最後まで聞く。なかには、話すうちに抑えていた感情があふれ、涙する練習生もいました」(芸能関係者)

 常見さんはそうした「聞く力」を高く評価する。

「部下にとって、上司が自分の言葉に耳を傾けてくれるのは“この人は自分に心を向けてくれている”という信頼につながります。そうしたプラスの感情が部下と上司の良好な関係をつくり、仕事のモチベーションも高まります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
辛口評論家たちは今季の巨人をどう見ているか(阿部慎之助・監督)
江本孟紀氏が語る今季の巨人「阿部監督には派手さがない。それがいい」「もし優勝でもすれば、MVPは1年早く辞めた原前監督だと思いますね」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン