芸能

NiziUプロデューサーJ.Y.Park氏、世界最高の上司と称される理由

パク氏のあだ名は「餅ゴリ」(写真/AFLO)

 ソニーミュージックと韓国の大手芸能事務所「JYPエンターテインメント」が共同で行ったオーディション番組『Nizi Project』(以下、「虹プロ」。動画配信サービス「Hulu」にて配信)。

 2019年7月から始まったオーディションの様子に密着し、日本の8都市と米ハワイ、ロサンゼルスでの地域予選、東京合宿、韓国合宿の様子が映し出された。6月26日に発表された9人の最終メンバーが『NiziU』としてデビューすることになった。

 そんな彼女たちに負けない話題となっているのが、NiziUの立役者で「虹プロの陰の主役」と呼ばれる韓国人プロデューサー・J.Y.Park氏(パク・ジニョン、以下、パク氏。48才)だ。

 その人気は「世界最高の上司」と称されるほどだ。

「働き方評論家」の千葉商科大学准教授の常見陽平さんはパク氏が「理想の上司」に求められる特長を備えていると言う。

「近年、理想の上司に求められるのは『褒めて伸ばす』『面倒見がいい』ということです。男性中心、新卒中心だった企業も、いまは女性の進出が増え、新卒と中途採用が入り乱れています。外部パートナーや派遣社員とチームを組むことも増えました。こうした多様な人材がいる社会組織では、それぞれの長所を探して伸ばすことが重要視されるんです。パク氏は、そうした理想的な姿を体現した存在といえるでしょう」

 オーディションのプロデューサーといえば、会社の上司以上に「絶対的存在」だ。なかには“黙っておれの言うことを聞け”という姿勢を取る人もいるだろう。しかし、パク氏はまったく逆だ。

「彼は練習生のパフォーマンスを見た後、必ず練習生に“自分はどう感じたか”を質問します。そして、練習生の言葉を否定することなく、真剣な表情で最後まで聞く。なかには、話すうちに抑えていた感情があふれ、涙する練習生もいました」(芸能関係者)

 常見さんはそうした「聞く力」を高く評価する。

「部下にとって、上司が自分の言葉に耳を傾けてくれるのは“この人は自分に心を向けてくれている”という信頼につながります。そうしたプラスの感情が部下と上司の良好な関係をつくり、仕事のモチベーションも高まります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン