• TOP
  • 芸能
  • 連ドラ主演の桜庭ななみ 20歳から続ける「10年日記」

芸能

2020.08.04 16:00  週刊ポスト

連ドラ主演の桜庭ななみ 20歳から続ける「10年日記」

桜庭ななみは海外でも活躍中

 無表情でじっとケーキを見つめ、生唾を飲み込むと手掴みで貪り始める──。

 女優の桜庭ななみが主演ドラマ『13(サーティーン)』(東海テレビ制作/フジテレビ系)で新たな姿を見せている。同作で桜庭は13歳で誘拐事件に巻き込まれ13年間行方不明になっていたヒロイン・百合亜を演じる。冒頭の奇異な行動は13歳で止まったままの百合亜が衝動的にとった、失われた月日の重みを感じさせる強烈な一幕となっている。

「本心を露わにせず相手によって態度を変える百合亜は捉え処もなくどこか不気味で、今までにない難しい役でした。外出自粛中も役が離れずに百合亜の境遇や感情を考え続けるしんどさがありましたが、監禁された心の苦しみはよりリアルに表現できたと思います」

 煮詰まると実家へ電話して気分転換したと明かす。

「『今日の晩ご飯は何?』なんて他愛のない話でも声をきくとほっと心が安らいで、家族はいちばんの宝物です。『13』はサスペンスですが家族の関係も丁寧に描かれ、特に百合亜とお母さんが絆を取り戻していく様子はとても魅力的です」

 最後の晩餐は母の手料理がいい──。そう語る桜庭にいちばんの好物を訊いた。

「祖母から受け継がれるからあげです! ちょっと甘みがあってジューシーでにんにくも効いていて大好き。実家でしか出会えない母の味に幸せをかみしめています。昔はからあげで太っちゃったほどで大きな声では言えませんが(照れ笑い)、何十個でも食べられます」

関連記事

トピックス