ライフ

明石家さんまに学ぶプロの雑談術 「躊躇した方が負け」

あこがれる人も多い明石家さんま(時事通信フォト)

 生きていると別に話したくないけど、なんとなく間をつなぐために話したり、気まずい空気をごまかすために雑談をしたりという機会も多いだろう。でも、いざ話しかけてみたけど、話が続かず、逆に空気が悪くなってしまうこともある。どうにかして、スマートに雑談できるようになりたい!という人も多いはず。

明石家さんまに学ぶプロの雑談術

 雑談力をつけたいなら、しゃべりのうまい人の例を見習うのもおすすめだという。たとえば、おもしろい話ができるお笑い芸人だ。

「雑談上手とは会話のキャッチボールがうまい人だと思うんです。お笑い芸人の中で、それがもっともうまいのが、明石家さんまさん。彼にかかると、どんな人との会話でもおもしろくなります」

 とは、多くのお笑い芸人の会話術を間近で見てきた放送作家の田中イデアさんだ。

 語彙力や機転、空気を読む力などは、一朝一夕では真似できないが、すぐに活用できる技もあるという。

「大きな声で話してよく笑うなど、大きなリアクションをとることです」(田中さん)

 たとえば、スーパーマーケットで苦手な人を見つけたとき、隠れたり、あいさつだけしてやり過ごしていませんか? そんなときはこうしてはどうかと田中さんは言う。

「さんまさんを真似て、大きな声で元気に、“おはようございます~! 朝からやかましくてすみませんね~!!(笑い)”などと言ってみる。ただのあいさつですが、表面上だけでも明るく楽しい雰囲気を心がけると、“あの人の雰囲気いいよね”“話しやすそう”と、相手から話したくなるような状況に持っていけます。何も上手なトークをしなくてもいいんです。相手に話したいと思わせる雰囲気をつくることも大切です」(田中さん)

 会話のテンポも重要だ。

「あるとき、さんまさんがプライベートで声をかけられました。相手は一般人でしたが、“お~、久しぶり”と答えたんです。相手が“いえ、はじめましてなんですけど…”と返すと、“なんやねん!”と即座にツッコミ、周りを笑わせてくれました。さんまさんの場合、会話においては、躊躇した方が負けみたいなところはありますね」(田中さん)

 たとえば、「いまからどこへ行くんですか?」と聞かれて答えたくないとき、「いえっ、別に…」と躊躇してしまうと、聞いた相手にまずいことを聞いたかなと気を使わせてしまう。雑談は内容がなくても、その場を明るく楽しい雰囲気にすればよいので、「ちょっとそこまで!」と明るく返せばいい。「銀行に振り込みに行く」など、真面目に真実を答える必要はない。意味がない言葉でも、テンポよく返すだけで楽しい雰囲気になり、雑談は成り立つのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

別居していることがわかった篠田麻里子
《離婚発表》元夫はなぜ篠田麻里子の「言葉を信じる」ことになったのか 不倫疑惑に「悪いことはしていない」
NEWSポストセブン
行方不明になった隼都さん
《壱岐市高校生が遺体で発見》虐待疑惑の里親を「みんなで支える」教育長の聞き取りに複数の実親が出していた答え
NEWSポストセブン
当時、唐橋は交際について「そっと見守ってください!」とコメント(2018年10月撮影)
《メガネを外した貴重シーン》唐橋ユミが表情トロン、結婚相手の映画監督とラブラブデート現場
NEWSポストセブン
WBC表彰式後の大谷翔平(AFP=時事)
WBC決勝前、大谷翔平はなぜ「憧れるのをやめましょう」と言ったのか 心理士が指摘する“憧れ”の副作用
NEWSポストセブン
14年ぶり世界一に日本中が歓喜した
【侍ジャパン】次期監督、工藤公康が有力候補も「消極的」か 3年後の世界一に相応しいのは?
NEWSポストセブン
「次は芦田さんに司会を」という声もあるという(時事通信フォト)
芦田愛菜、名門私大進学に続いて期待される「紅白最年少司会」 女優・学業・司会の三刀流なるか
週刊ポスト
任意聴取時には「救急車を呼ぼうとしたが」とも話していたという
【肉声入手】京都タリウム殺人 完全黙秘の容疑者が知人に明かしていた「彼女の死後に宇多田ヒカルで号泣」「20万円の“弔いシャンパン“」
NEWSポストセブン
ベンチで存在感をはなつ城石(時事通信フォト)
《WBCベンチで存在感》栗山監督の横にいるイケメン参謀コーチは「フリーターからプロ入り」異色経歴と元妻は人気女子アナ
NEWSポストセブン
“年内8冠”への期待も(時事通信フォト)
藤井聡太が6冠制覇も“年内8冠”はあるのか 最大の敵は「ハードスケジュール」
週刊ポスト
決死の告白をした被害者の「メープル」さん(Netflix『全ては神のために:裏切られた信仰』予告編より)
韓国宗教団体・摂理の教祖、信者への性犯罪で何度も逮捕 数百人の日本人女性も被害に
週刊ポスト
麻薬特例法違反の疑いで警視庁に逮捕された道端ジェシカ容疑者(Instagramより)
MDMAで逮捕の道端ジェシカ容疑者「カエルの毒でデトックス」「嘔吐シーン」の不可思議な近況
NEWSポストセブン
WBCでは1番打者として活躍したヌートバー
《WBC優勝に貢献》ヌートバーの“愛されキャラ”に影響を与えた意外すぎる「日本の児童書」
NEWSポストセブン