• TOP
  • 国内
  • 初のコロナ関連倒産と報じられた病院院長「倒産理由は異なる」

国内

2020.08.17 07:00  週刊ポスト

初のコロナ関連倒産と報じられた病院院長「倒産理由は異なる」

複雑な経緯があったよう

 通院患者の減少などで多くの医療機関の経営が苦しくなるなか、7月末に「医療機関で全国初の新型コロナ関連倒産」が報じられた。

 民間信用調査会社・帝国データバンクによれば、岡山県真庭市にある岸本整形外科医院が7月21日に自己破産を申請。負債は3億3000万円で、今年3月以降は新型コロナの影響で診療件数が大きく減っていたという。

 どういった経緯だったのか。同院を訪ねた。人口約4万5000人の真庭市は県北部に位置し、岡山市内から車で1時間以上。同院は市役所や税務署などが建ち並ぶ国道沿いにあり、立地は決して悪いとは思えないが、3階建てのレンガ色の建物の駐車場にはロープが張られ、玄関のドアはカーテンが閉められている。裏手の家屋を訪ねたところ、岸本真・院長が応対した。

 取材意図を告げると開口一番、「うちはコロナ関連倒産じゃありませんよ」との答え。コロナ前からの経営不振が倒産に至った理由だという。

「たしかにコロナの影響で収入は減ったが、その前から経営は苦しく、閉鎖を考えていました。慢性的な看護師不足などがあって、6年前に入院できる病室を閉鎖して収入が大きく減った。建物の3階部分と2階の半分は病床部分だったが、まるまる使えなくなり、建てたときの借金だけが残ったんです。

 経営再建も模索したが、銀行がコロナ融資ばかりに熱心になり、うちみたいなところの再建に耳を貸さなくなった。結局、銀行だって金儲けが目的ですからね。そういう経緯をすっ飛ばして“コロナ関連倒産”と報じられてしまった」

関連記事

トピックス