国内

初のコロナ関連倒産と報じられた病院院長「倒産理由は異なる」

複雑な経緯があったよう

 通院患者の減少などで多くの医療機関の経営が苦しくなるなか、7月末に「医療機関で全国初の新型コロナ関連倒産」が報じられた。

 民間信用調査会社・帝国データバンクによれば、岡山県真庭市にある岸本整形外科医院が7月21日に自己破産を申請。負債は3億3000万円で、今年3月以降は新型コロナの影響で診療件数が大きく減っていたという。

 どういった経緯だったのか。同院を訪ねた。人口約4万5000人の真庭市は県北部に位置し、岡山市内から車で1時間以上。同院は市役所や税務署などが建ち並ぶ国道沿いにあり、立地は決して悪いとは思えないが、3階建てのレンガ色の建物の駐車場にはロープが張られ、玄関のドアはカーテンが閉められている。裏手の家屋を訪ねたところ、岸本真・院長が応対した。

 取材意図を告げると開口一番、「うちはコロナ関連倒産じゃありませんよ」との答え。コロナ前からの経営不振が倒産に至った理由だという。

「たしかにコロナの影響で収入は減ったが、その前から経営は苦しく、閉鎖を考えていました。慢性的な看護師不足などがあって、6年前に入院できる病室を閉鎖して収入が大きく減った。建物の3階部分と2階の半分は病床部分だったが、まるまる使えなくなり、建てたときの借金だけが残ったんです。

 経営再建も模索したが、銀行がコロナ融資ばかりに熱心になり、うちみたいなところの再建に耳を貸さなくなった。結局、銀行だって金儲けが目的ですからね。そういう経緯をすっ飛ばして“コロナ関連倒産”と報じられてしまった」

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン