• TOP
  • 芸能
  • 小木博明のがん告白に義母・森山良子「早期で心配してない」

芸能

2020.08.21 16:00  女性セブン

小木博明のがん告白に義母・森山良子「早期で心配してない」

森山良子に小木のがんについて聞くと…

 自らがパーソナリティーを務めるラジオ番組『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で、「『腎細胞がんです』って言われちゃった」とがんを公表したのは、お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(49才)。7月末から持病の片頭痛のために入院していたが、退院前にエコー検査を受けたところ、がんが判明。担当医には「今年受けてなかったら死んでたかもね…」とも言われたという。

「小木さんはラジオでの発表後、数日はテレビ収録などの仕事をこなし、その後入院しました。病院には奥さんが付き添っているそうですよ」(テレビ局関係者)

 小木が森山良子(72才)の娘で、ミュージシャンの奈歩(48才)と結婚したのは2006年のこと。もともと奈歩が小木の大ファンだったという。2009年に長女が生まれ、2017年には義母の森山と共同で二世帯住宅を購入。現在、「一つ屋根の下」で暮らしている。

「良子さんは2度の離婚経験があるから『父はなくとも子は育つ』が口癖(笑い)なのですが、小木さんのことは、“娘の夫”以上に信頼しているようです。本当に仲がよくて、奈歩さん抜きで2人で買い物に行くこともあるくらい。2人のやりとりは、笑いにあふれていてコントみたいです(笑い)」(森山家を知る知人)

 小木は8月中に手術を受け、9月初めには仕事に復帰する予定だというが、2週間でのスピード復帰は可能なのだろうか。

「9月の復帰は現実的なスケジュールでしょう。腎細胞がんは、がん全体の1%ほどしかない、日本人には非常に少ないがんです。非常に予後がよく、助かる可能性も高い。小木さんのがんは5cmの大きさのようですが、直径7cmまでは『ステージ1』で、この段階でも5年生存率(5年後まで生きる可能性)は95%。7cmを超えても、腎臓は左右にあるので片方を切除して生きていくことができます。自覚症状がなく、健康診断の検尿で見つかるケースが多い」(おんが病院統括院長の杉町圭蔵さん)

 そんな小木のがんを森山はどう受け止めているのか。仕事を終え、自宅に帰宅する森山が落ち着いた様子で答えてくれた。

「コロナの影響でなかなか面会できないものですから…。いまは元気になって帰ってくるのを待っています。入院前には(小木の)誕生日(8月16日)を祝って家族みんなでケーキを食べました」

関連記事

トピックス