芸能

夜の街で働く元アイドル声優「この世界、地獄は覚悟しないと」

実際にプロの声優になれるのは選ばれたほんの一握り

実際にプロの声優になれるのは選ばれたほんの一握り

 いま声優志願者は30万人にのぼるとも言われるが、現実に声優という仕事に就いている人は1000人程度とみられている。そのうち、声優の仕事だけで生活できている人となると、さらに限られてくる。なかでも「アイドル声優」と呼ばれる人になると、さらに選抜された人たちだ。いったん、人気声優への階段をのぼりながら転落する人も少なくない。俳人で著作家の日野百草氏が、今回は、現在は夜のサービス業で働く元アイドル声優についてレポートする。

 * * *
「えへへ、バレてしまってましたか」

 愛くるしい小柄な容姿にブレスたっぷりのキャンディボイス、かつて、アイドル声優としての資質をすべて備えていたはずの彼女と再会したのはコロナ禍「夜の街」の取材中だった。街で声をかけてきたのはなんと彼女の方。彼女は夜のサービス業で働いていた。仮にモモさん(仮名)とする。彼女が好きな昔の魔法少女アニメ(2代目のほう)のヒロイン名だ。私も業界を離れて久しい身とはいえ、今回は内容が内容だけに年齢含め身バレ防止をとくに徹底している。

「ずっと知ってたなんてさすが上崎さんですねー、声かけなきゃよかった!」

 もちろん私の今の仕事を知らないモモさんは私を編集長時代のまま本名で呼ぶ。もう10年以上前の話。彼女は背が小さくて女児のようだった。少しふっくらした以外はそれほど変わらない。違いは、あの頃のフリフリ服ではなく身を隠すほどのもっさりしたパーカーだということ。

「フリーになってからも続けてます。でもやっぱりあの時からバレてたのかー」

「バレてしまってましたか」「知ってた」「バレてた」というのは、彼女が当時から風俗サービスのバイトをしていたことを私が知っていたことだ。じつは口外しないだけで、私以外も業界関係者数名がモモさんの「バイト」を知っていた。1998年、2004年の人気女性声優のAV出演騒動、2007年の大手声優事務所代表取締役の逮捕、およそ15年を経た現在ならSNSを中心に大変な騒動となったことだろうが、匿名掲示板が関の山の1990年代後半から2000年代、ついこの前のようでいまや忘却の彼方の時代、無邪気に声優を目指す令和の子たちが知るはずもない。疑惑というだけならもっとあるが真相は横に置く。そしていまもモモさんは夜のサービスを続けている。事務所も辞めてフリー、いまは声の仕事はないので、職業上はこちらが本業になってしまっていた。

関連記事

トピックス

歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
1986年11月の「リベンジ髪切りデスマッチ」
【クラッシュ・ギャルズvs極悪同盟】長与千種、ライオネス飛鳥、ダンプ松本、ブル中野…当事者たちが明かした“最凶の抗争”40年目の真実
週刊ポスト