ライフ

【関川夏央氏書評】「自分勝手」な内田樹に繊細さを見出す娘

『街場の親子論 父と娘の困難なものがたり』/内田樹、内田るん・著

【書評】『街場の親子論 父と娘の困難なものがたり』/内田樹、内田るん・著/中公新書ラクレ/900円+税
【評者】関川夏央(作家)

 父・内田樹は今年七十歳の高名な思想家、娘・内田るんは今年三十八歳の詩人にして「フェミニスト」。親子書簡集というと、昭和三十年代に流行した中流上層母子のイヤ味な本を連想させるが、これは違う。この父子は、たしかに「困難なものがたり」を乗り越えてきた。

 一九八〇年代末まで、生まれ育った東京で大学の時間講師をしながら友人たちと起こした翻訳会社で働いた父は、三十代終りに神戸女学院大学に職を得た。阪神間に移り住む決意と離婚は、ほぼ同時であった。このとき、六歳のひとり娘るんに、父と母、どちらといっしょに暮らしたいか尋ねると、娘は意外なことに父を選んだ。

「かすがい」役を果たせず不甲斐なく思った娘は、父を「管理」する責任を感じつつ、「お父さんと二人ならなんとかやれる」と見通したのだという。子どもはいろいろ考える。子どもはつらい。慣れぬ土地で、父は毎日娘の弁当をつくり、授業に出かけた。九五年の阪神淡路大震災では、体育館で三週間の避難生活をした。

「態度がでかい」「ものごとを舐めてかかる」「自分勝手で無反省」─―とは父の自己像だが、娘はそれらを「病的なまでの繊細さ」の裏返し、と見ていた。実際、離婚から六、七年間の父は「捨てられた小犬」のようで、鬱病、不眠症、痛風で苦しんだ。現在の内田樹のイメージとは全然違う。

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン