芸能

舌がん手術の堀ちえみが歌唱、82年組40周年ライブはあるか?

術後初の歌唱(日本テレビ提供)

 ピンクの特攻服に身を包んだ中年の親衛隊たちが「ちーえみちゃ~ん!」と大声援を送るなか、堀ちえみ(53才)は両国国技館の舞台で1985年のヒット曲『リ・ボ・ン』を歌い出した。リズム、音程の狂いを微塵も感じさせないツヤのある声。一つひとつの言葉をかみしめ、しっとりと歌い終えると、右手で口元を押さえ、感極まった様子でステージ上で泣き崩れた──。

 8月23日、『24時間テレビ』(日本テレビ系)で、昨年2月にステージ4の舌がん手術を受け、舌の6割を切除した堀が、術後初めての歌声を披露した。衰えることのない歌唱力と驚異的な回復力に、日本中が圧倒され、放送直後には堀の親友である早見優(53才)も感動の声を寄せた。

《素晴らしい歌声の後にLINEで、(松本)伊代ちゃんと(石川)秀美ちゃんと素晴らしい! すごい! とメッセージ交わしました。ちえみちゃん、ありがとう》(早見優のブログより)

 一歩一歩ゆっくりと、自分の声を取り戻しつつある堀の悲願は、2022年にデビュー40周年記念となるコンサートを行うことだ。

「舌がんの発表後に明かした目標で、当時はさすがに厳しいと思われていましたが、24時間テレビで充分な歌唱力が証明され、現実味を帯びてきています」(テレビ局関係者)

 静岡がんセンターの医師・鬼塚哲郎さんが語る。

「ステージ4は、がんの進行度としては最終段階に当たります。術後に歌を歌うことは非常に難易度が高く、相当努力してリハビリを重ねたのではないでしょうか」

 手術では舌を切除し、その部分に太ももの皮膚組織を移植した。

「太ももから移植した部分は自分の力で動かすことができないため、残っている部分や唇、首などの筋肉を使って声をコントロールしなければいけません。ただ、5年、10年と経つにつれて、移植した部分がだんだん体になじんでいきます。リハビリを続けていけば、歌える曲のレパートリーを増やせる可能性も充分あるでしょう」(鬼塚さん)

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン