• TOP
  • ライフ
  • 世界に通用する日本の「カツカレー」 意外に古いその歴史

ライフ

2020.09.04 07:00  週刊ポスト

世界に通用する日本の「カツカレー」 意外に古いその歴史

『銀座スイス』の「千葉さんのカツカレー」1870円

 日本人の“国民食”カレーライスとビタミンB1を豊富に含む豚肉のカツ。このふたつを一度に食べるカツカレーは、猛暑で疲れた身体に活力をもたらす絶好のスタミナ料理だが、その歴史は意外なほど古く、1918年に屋台の「河金(かわきん)」がカツ丼にカレーをかけたのが最初といわれている。

 横濱カレーミュージアムの初代名誉館長で、カレー研究家の小野員裕(かずひろ)氏が語る。

「たしかに最古のカツカレーは『河金』ですが、現在のようにカレーライスの上にカツを乗せるスタイルは『銀座スイス』が原型です」

「銀座スイス」が1948年にカツカレーをメニューに載せると瞬く間に人気を呼び、追随する店が続出。とんかつ店や蕎麦屋をはじめ、さまざまな業態の店が独自のカツカレーを売り出し、1950年代以降全国的に広く浸透していったが、現在もその“進化”は止まらない。

 1990年代に登場して市場を席巻したスパイスカレーの“カツカレー”もそのひとつだ。当初、スパイシーな味はカツに合わないとされたが、試行錯誤の末に“進化系”カツカレーとして多くの客を惹きつけている。

「カツカレーは海外でも十分に勝負できる料理。海外進出し、逆輸入されるカツカレーも今後、出てくるかもしれません」(小野氏)

※週刊ポスト2020年9月11日号

スパイスや小麦粉を焦げ目がつくまでじっくりと焙煎するキッチン南海のカレー

関連記事

トピックス