芸能

大人の男のためのNetflix名作集、『羅生門』『ラストダンス』他

『全裸監督』は大きな話題に(Everett Collection/AFLO)

 妻や娘が韓流ドラマ『愛の不時着』にハマり、毎晩テレビが占領されて困っている──そんな嘆きが各地で聞こえてくるが、実はこの状況、男たちにとってもチャンスだったりする。古典の名作から大胆シーンがある映画まで、動画配信サービス「ネットフリックス(Netflix)」では、よりどりみどりの世界が目の前に広がっているのだから。

気付かぬうちに加入していた

『愛の不時着』は、パラグライダーの事故で北朝鮮に不時着した韓国財閥女性と北朝鮮のエリート軍人が織りなす、国境を越えた純愛物語。女性を中心に人気が爆発し、いまや社会現象となっているが、重要なのは同作がネットフリックスの独占配信作品だということ。つまり、『愛の不時着』を妻や娘が見ているということは、すでにその家ではネットフリックスに加入していることになる。

「会員になっていれば、映画やドラマなど数万本の動画が見放題です。一度加入すれば、テレビだけでなくパソコンやスマホでも見られます。これを奧さんや娘さんだけに独占させるなんて、実にもったいない」(ネットフリックスに詳しい放送作家の野呂エイシロウ氏)

 3密回避ムードの後押しもあり、劇場やレンタル店に行かずとも映画が見られるネット動画配信サービスに注目が集まるなか、とりわけネットフリックスは、今年1~3月で会員数を全世界で1500万人増加させたことが話題を呼んだ。

 最近のテレビは、ネットフリックスが最初から入っているものも多く、その場合はリモコンに赤字で「NETFLIX」と書かれたボタンがある。視聴するにはテレビをネットに接続し、会員登録が必要になる。料金は月額880円(ベーシックプラン)から。往年の名作から濡れ場たっぷりのお色気映画、上質なドキュメンタリー、そしてオリジナルドラマまで、「大人の男」が楽しめる作品を“その道のプロ”に聞いた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン