• TOP
  • 国内
  • 若者に流行の現在地共有アプリ 昭和生まれには怖い“束縛”

国内

2020.09.05 07:00  NEWSポストセブン

若者に流行の現在地共有アプリ 昭和生まれには怖い“束縛”

地図上にメンバーの現在地が表示されるアプリが人気だ(イメージ。Getty Images)

〈使うことで、大切な人とより多くの時間を過ごせるようになり、たとえ実際に顔を合わせられなくても、もっと親しくなれる〉──そのように謳うSNSアプリが若者の間で流行している。目玉機能は友人同士の“現在地共有”だ。エッセイストの小林久乃氏が、同アプリに親しむ若者世代に一言、物申す。

 * * *
 少し前から10〜20代の学生を中心にZenly(ゼンリー)というアプリが流行している。どんなものかと調べてみると、アプリ内で繋がることによって、登録者が今どこにいるのか=現在地を地図上に表示してくれる機能を持つ。

 ただ居場所を教えてくれるだけではなく、アプリで繋がっているメンバーの電池残量、待ち合わせ場所までの到着時間などさらに細かい情報が共有される。自宅到着、就寝時間まで仲間に知られてしまうらしい。ここまでの機能を知って、恐ろしくなったのは私だけだろうか……。

 恋人の浮気防止くらいは理解できるけれど、私生活まで全て仲間内に知られるのは想像の範疇を超えている。現代っ子はそこまで個人情報を筒抜けにさせないと友人関係が成立しないのだろうかと疑問がわく。そして、この(昭和生まれには)恐ろしいほど“束縛”されるアプリの存在を知って、とある女性のことを思い出した。

愛する人の全方位を囲う束縛術

 最近、世間でも“あざとい”など、危険警報を発する女性のことがトピックに挙げられるようになってきた。実は私、どこか違和感のある言動をする女性たちを “あかん女”と個人的にカテゴライズしている。今から10年ほど前、Zenly顔負けの束縛ぶりを見せていた“あかん女”は、男友達Sの妻Iである。

 二人は違う会社に属しながら、取引先同士で会ったとか。Iからの猛アタックにより、二人は交際を開始したが、その後、彼女が愛する人の全方位を囲うために行った束縛術がすごかった。

関連記事

トピックス