国内

「菅一強」と化した永田町の「バンドワゴン効果」

永田町は菅官房長官の圧勝ムード(写真/AFLO)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、「次の総理」を巡る自民党議員たちや人々の心理について。

 * * *
 ポスト安倍を巡る争いが激しさを増している、と書きたいところだが、菅義偉官房長官が自民党総裁選に立候補するという情報が流れた途端、「菅氏優位」というより「次期総裁は菅氏」という雰囲気になっている。自民党議員たちは次々と菅氏支持を表明。勝ち馬に乗り遅れるなとばかりに、心理学で言う「バンドワゴン効果」が永田町で高まっている。

 安倍首相が突如辞任を発表したのは8月28日。速報が流れたかと思えばすぐさま、自民党総裁選はどう行うのか、誰が立候補を表明するのか、といった次期政権に関する情報が飛び交い、新型コロナウイルス関連一色だった情報番組のトップニュースに取って代った。

 いち早く総裁選に名乗りを上げたのは石破茂元幹事長。何回目の立候補なのか。毎回、人気は高いと言われながら総裁の席を逃してきた。政治評論家たちはその理由を、「議員たちへの面倒見が悪い」とか、「真面目で固すぎる」とか色々と解説する。また、政策云々の前に毎回取り沙汰されるのが、熱量が高そうなこってりとした見た目と独特の話し方だ。良くも悪くもインパクトが強すぎて、その手腕に期待したいとは思いつつ、総理総裁として「石破氏の顔をテレビで毎日見るのはちょっとね…」と言う声も聞かれる。

 反対に、岸田文雄政調会長は影が薄い。私の周りでは誰も岸田氏の名前を口にしなかったぐらい存在感がない。会見を見ても、印象は冷静沈着、話し方も身ぶりも淡々としたもので熱量低め。全体的にインパクトに欠け、政治家としての迫力や凄みは感じられない。安倍首相の「意中の人」と言われていたが、国の情勢が安定していればまだしも、コロナ禍の非常事態下ではどうにも頼りない。

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
キャンプで日ハムの選手とコミュニュケーションをとる西川(時事通信フォト)
楽天西川だけじゃない!某若手選手もひた隠す「プロ野球選手の結婚」令和な事情
NEWSポストセブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
ライブ配信では軽やかに話す稲葉の母(右。写真はインスタより)と、稲葉(左)
B’z稲葉浩志の母、化粧品店経営でネット駆使の辣腕 ライブ配信も大人気
女性セブン
初めて単身で伊勢参拝に臨まれる(9月、東京・港区/宮内庁提供)
悠仁さま「愛子さまより先に伊勢参拝」で崩れる序列 天皇家と秋篠宮家の間に溝か
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
結婚を発表したばかりの弘中綾香アナ
弘中綾香アナ、結婚相手は「大阪出身のコテコテの関西弁を話す人」、新しい名字も局内にメールで報告
NEWSポストセブン