• TOP
  • ライフ
  • 不快感を与える親バカの3要因は、過大評価、自己愛、幻想

ライフ

2020.09.08 16:00  女性セブン

不快感を与える親バカの3要因は、過大評価、自己愛、幻想

親バカの“3要素”を持っていないか今一度自分を顧みよう(イラスト/ひらのんさ)

 いくつになっても子供はかわいくて、特別な存在! そんな気持ちを描くムロツヨシ(44才)が主演するドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)が人気上昇中だ。

 ムロが演じる売れない小説家・ガタローは、娘のさくら(永野芽郁)を見守るために、娘と同じ大学に入学してしまうほどの“親バカ”だが、そんなガタローに共感してしまう親も少なくなさそうだ。

 とはいえ、親バカにもいろいろなパターンがある。子供の能力を信じるあまり、非常識な行動をとってしまう母親もいる。

「お受験のために子供を通わせていた幼児教室で、ものすごい母親を目撃しました。その子は授業中に大声を出すなどかなりの問題児なのですが、母親は『うちの子はとっても素直でいい子』が口癖。

 教室でも自分の息子がいちばん賢いと信じていたようですが、希望の小学校にはすべて落ちてしまったようで。合格発表の後にお礼で教室に行ったら、その母親が先生を罵倒している声が聞こえてきました。責任をすべて幼児教室になすりつけていたようです」(40才・東京都)

 子供が小さいうちは、ある程度の親バカは仕方がないかもしれない。ところが、そのまま年を重ねてしまい、直るどころか悪化するケースもある。

「元夫が不倫したとき、義母は『モテる人の方が仕事ができるというし』とかばいました。さらには『お相手は妊娠していないの? 初孫ができるかと思ったのに』とも。離婚するか悩んでいましたが、この家族とは一刻も早く縁を切りたいと、離婚を即決できました」(47才・愛知県)

 孫見たさの暴言があれば、孫より息子という姑もいる。

「法事での食事のとき、3才の娘の服が汚れないように、私のハンカチをよだれかけ代わりにして襟元に差し込んでおきました。そうしたら、それを見た姑がそのハンカチを奪い『ネクタイが汚れるといけないから』と、夫の襟元にぐいっと押し込んだのです。40才にもなる息子を赤ちゃん扱いするなんて…。心の底からゾッとしました」(36才・岡山県)

関連記事

トピックス