• TOP
  • 芸能
  • 『半沢直樹』旋風 演劇通を唸らせるキャスティングの妙

芸能

2020.09.12 16:00  NEWSポストセブン

『半沢直樹』旋風 演劇通を唸らせるキャスティングの妙

主役を支える役者陣も見どころの一つ(時事通信フォト)

 7月より放送中のTBS日曜劇場『半沢直樹』第2シーズンが、怪物的な人気を集めている。第8話の放送延期にともない、9月6日はトーク特番『生放送!!半沢直樹の恩返し』が急きょ生放送されたが、なんとこちらは平均世帯視聴率22.2%を獲得(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。通常放送に負けず劣らずの記録を叩き出し、改めて世間に『半沢直樹』旋風の勢いを見せつけた。

 テレビの視聴率低下が著しい昨今では、人気アイドルや知名度抜群の役者を起用するのが、ドラマの手堅い作り方と言えるだろう。しかし、『半沢直樹』は結果を出しているぶん、チャレンジができるということだろうか。放送中の第2シーズンは、知る人ぞ知る名優を随所にキャスティングして、「こんな良い役者がいたのか!」と視聴者を驚かせている。

 振り返れば、2013年の第1シーズンでも『半沢直樹』出演をきっかけに注目度を一層高めた役者は多かった。その筆頭とも言えるのが、いまやテレビ業界に欠かせない存在となった滝藤賢一だ。もともと名バイプレイヤーとして多くの作品に出演していたが、『半沢直樹』で半沢(堺雅人)の同期・近藤直弼役を演じたことをきっかけに、オリコン「2013年ブレイク俳優ランキング」第8位にランクイン。一気に全国区の人気者となった。なお、同ランキングにおいて第1位を獲得したのは、堺雅人。さらに黒崎駿一役を演じる片岡愛之助が第3位に選ばれているのにも、『半沢直樹』の勢いが感じられる。

 第2シーズンでは、国土交通大臣・白井亜希子役を演じる江口のりこがブレイク中。また、東海地方の演劇界では知られた存在である佃典彦も曾根崎役での“土下座退室”で爪痕を残した。佃の演技力については、常務・大和田暁役の香川照之も「一日中あの長いシーンを何度も繰り返し撮影したのに、ただのひと言もセリフを間違えませんでした」(8月23日のTwitter投稿より)と称賛している。

関連記事

トピックス