ビジネス

新潟の和菓子店、コロナの窮地を特製「あん食パン」で逆転

あんこが渦巻状に練り込んである「あん食パン」は一斤430円

 どうしたらこの状況を打破できるのだろう……、コロナ禍によりビジネスが立ち行かず厳しい状況に立たされている人も少なくないだろう。中小企業の倒産、飲食店の閉店、個人事業主の仕事の減少など、暗い話はあとを絶たない。

 しかし、窮地に立たされてから、思いもよらないアイディアで、業績をV字回復させた“必勝商売人”もいる。

 新潟県上越市で、明治20年に創業した「藤本製菓」は、和菓子店として地元で愛されてきた老舗だ。

 店の近くには桜の名所があり、毎年4月末には多くの花見客で賑わうが、今年はそれがなくなった。加えて、まとまった数の菓子箱の受注が入る法事も見合わせる家庭が多く、売り上げは4月に4割減、5月には5割減になった。

「お菓子は嗜好品で、特別なときに食べるものなので、自粛ムードのときは買い控えが起きやすい。だったら、毎日食べるものを作ればいいと、食パンを作ることにしたんです」(5代目店主・藤本竜也さん・以下同)

 もともと製菓学校で製パン技術も学んでいた藤本さん。基本的な知識は持ち合わせていたが、商品を作るとなると話は別だ。

 4月後半から毎日試作に明け暮れた。和菓子店らしさを出そうと、自家製あんこを練り込んだ食パンにしようと方向性は早々に決まったが、満足のいくものが作れない。巷で流行っている食パンを真似て、生クリームやバターを加えるなど試行錯誤が続いた。

 転機は娘の一言で訪れたという。

「私の娘が“バターは嫌いだ”と。それで、代わりにマーガリンにし、生クリームもやめて牛乳を練り込んだら、あんこの旨みが引き立つ、理想の食パンになったんです」

 食パン開発を始めて2か月、ようやく“あん食パン”(1斤430円)を販売。するとすぐに地元のテレビ局が「珍しい」と取材に来たため、客が急増した。

「食パン目当てに客足が戻り、ついでに和菓子を買っていく人も。今回の件で、これまでにいなかったタイプの客層を取り込め、来店客数はこれまでより増えたと思います」

 和菓子店がパンを販売。柔軟な発想と行動力が成功をもたらした。

●藤本製菓
【住所】新潟県上越市東城町1-4-46
【営業時間】7時30分〜19時
【定休日】なし

※女性セブン2020年9月24日

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン