芸能

女優・秋吉久美子にとって「脱ぐこと」に覚悟は必要なかった

女優・秋吉久美子が肌を晒した経緯

 1972年のデビュー以来の出演作について語り尽くした女優・秋吉久美子の研究本『秋吉久美子 調書』(秋吉久美子、樋口尚文/著 筑摩書房刊)が発売中だ。その著者である映画評論家・映画監督の樋口尚文氏が、1970年代に日本の青春映画を大きく変えた秋吉久美子について綴る。

 * * *
 1970年代に青春を過ごした人びとにとって、女優とヌードは切り離せない関係にあることだろう。

 たとえばデビュー間もない秋吉久美子は、日活という映画会社でたて続けに3本の主演作を放ち、その鮮やかな演技が圧倒的な評価を集めて女優としての確かな一歩を踏み出した。1974年公開の『赤ちょうちん』『妹』『バージンブルース』という藤田敏八監督による〈クミコ三部作〉は封切の後も名画座の人気番組となって上映が続き、大学生や若いサラリーマンを中心とするファンによって熱烈に支持された。

 この季節にあって、秋吉のロリータっぽい風貌とグラマラスな肢体のアンバランスさが醸す色香は、繊細で危うい演技の持ち味と掛け合わさって、得難い不安定さの魅力をつくっていた。秋吉の裸像は、ただの客寄せのサービス材料にとどまることなく、明らかに秋吉久美子という新時代の女優の表現力を増幅させる飛び道具だった。

 秋吉は日活の専属女優ではなかったが、これらのヌードを披露した主演作のヒットで日活を潤わせ、活気づけた。だが、このひと昔前、1960年代までの日活にあって専属女優であった吉永小百合、芦川いづみ、浅丘ルリ子、松原智恵子、和泉雅子らがスクリーンでこんなに堂々と裸像を見せることなど考えられなかった(クミコ三部作のちょうど10年前、1964年に公開された浅丘ルリ子映画出演100本記念作『執炎』では浅丘がつつましいヌードをごく一瞬披露するだけで大騒ぎだった)。

 この時分、スクリーンに挑戦的に裸像をさらすことを厭わなかったのは群小ピンク映画の女優たちだけであって、メジャーの邦画各社のスタア女優が銀幕にバストの尖端やヒップの割れ目をさらすというのは御法度であった。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト