国内

伊勢谷友介逮捕で考える薬物問題 家族・知人は見抜けるのか

保釈された伊勢谷容疑者(時事通信フォト)

 芸能人が禁止薬物で逮捕されると、過去の交友関係や言動までが洗い出され、「次は誰か」と話題になる──9月8日に大麻取締法違反の容疑で逮捕された俳優の伊勢谷友介容疑者(44)のケースでも、同じようなことが起きている。

 逮捕当日、警察に家宅捜索され、乾燥大麻約20グラムと吸引の際に使用する巻紙が見つかり、現行犯逮捕となった伊勢谷容疑者。その後の尿検査で陽性判定が出ており、本人も大麻使用を認めた。連日の報道では、伊勢谷容疑者による元交際相手への“DV疑惑”が暴露されるなどして耳目を集めていると同時に、その交友関係の広さも話題になっている。

 こうしたニュースを見聞きするたびに多くの人が思うのは、「家族など身近な人が気づいて、やめさせられなかったのか」ということだろう。芸能人が禁止薬物で逮捕されると、その奇行ぶりがおもしろおかしく喧伝されるために「クスリをやっていたら、周囲の身近な人がさすがに気づくはずでは」と考えてしまう。

 だが、実際はそんなに簡単なものではない。NPO法人「全国薬物依存症家族会連合会(薬家連=やっかれん)」の理事長を務める横川江美子氏は、自身も家族の薬物使用に悩んでいた一人であり、薬家連で家族からの相談を受けている。横川氏はこういう。

「本人は当然、隠そうとするから家族が気づくのは容易ではありません。大麻は臭いでわかるといいますが、実際に嗅いだ経験がなければ『これは大麻の臭いだ』とは気づけません。覚せい剤には臭いはありませんし。目つきや表情でわかるというのは重度の依存症の場合だけでしょう」

 では、どのように問題が発覚するのか。横川氏が続ける。

「たいていの場合、仕事が続かない、あるいは学校に行けなくなるという形で問題化します。そうしているうちに様子が以前とは違ってきて、『かつての彼、彼女ではない』ということに気づきます。何かおかしいと思いながら過ごして、私たちの家族会に相談に来るまでに、みなさん何年も悩んでいるんです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン