芸能

竹内結子さんの家族葬 慕っていた祖母は参列を拒否された

最も慕っていた肉親が、密葬への参列を拒否されていた

 9月27日に突然飛び込んできた竹内結子さん(享年40)の訃報。彼女を知る関係者によれば、竹内さんは気遣いと心配りを欠かさない心優しさを持った女性だったという。そんな性格の発端は、幼少期に周囲の顔色をうかがい続けてきたことにあるかもしれない──。

 父親は厳しく、言うことを聞かないと鉄拳制裁をも辞さない人だった。父親の仕事の関係で、小中学校時代は埼玉県内の学校を転々とし、心を通わせる友達をつくれなかった。この頃、誰よりも竹内さんをかわいがったのが県内に住む母方の祖母だ。

「おばあちゃんは3姉妹の末っ子だった結子ちゃんをとてもかわいがっていました。結子ちゃんも学校から自宅に帰るとそのままランドセルを置いて、生け花の先生をしていたおばあちゃんの家に行き、ご飯まで食べて帰る毎日でした。おばあちゃんは結子ちゃんが芸能界入りしてからも、ずっと応援し続けていました」(竹内家の知人)

 中学時代には、大きな試練に見舞われた。母親にがんが見つかり、竹内さんらの必死の看病も実らず、39才の若さで他界したのだ。このとき、竹内さんはまだ14才だった。母の死の翌年、竹内さんをさらなる衝撃が襲った。

「父親が再婚したんです。しかも再婚相手には男の子ばかり3人の連れ子がいて、3姉妹の末っ子の結子ちゃんは、いきなり6人きょうだいになりました。ただでさえお母さんを亡くした喪失感でいっぱいだったところに、家庭環境の大きな変化が加わって、彼女はますます自分の家に寄りつけなくなった。この頃、結子ちゃんはいっそう孤立を深めていったはずです」(前出・竹内家の知人)

 そんな彼女の心の拠りどころとなったのが芸能界だ。母の死後、竹内さんはスカウトされて芸能界に入った。仕事において少しのミスも許さなかった彼女の姿勢の背景には、「ここしか自分の生きる場所はない」という悲壮な決意があったのだろう。その後、竹内さんは必死の努力でトップ女優の地位を築いた。2005年に25才で中村獅童(48才)と結婚。だが結婚生活は長く続かず、3年後の2008年に破局を迎えた。

「結子ちゃんは幸せな家庭を築きたいと強く願っていましたが、獅童さんの女性問題もあって願いがかなわず、“やはり私に幸せな家庭は無理なのか”とひどく落ち込みました。夫婦関係が冷え込むなかで、傷心の彼女が居場所を求めたのは、実の家族でした」(前出・竹内家の知人)

関連キーワード

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト