芸能

竹内結子さんの家族葬 慕っていた祖母は参列を拒否された

最も慕っていた肉親が、密葬への参列を拒否されていた

 9月27日に突然飛び込んできた竹内結子さん(享年40)の訃報。彼女を知る関係者によれば、竹内さんは気遣いと心配りを欠かさない心優しさを持った女性だったという。そんな性格の発端は、幼少期に周囲の顔色をうかがい続けてきたことにあるかもしれない──。

 父親は厳しく、言うことを聞かないと鉄拳制裁をも辞さない人だった。父親の仕事の関係で、小中学校時代は埼玉県内の学校を転々とし、心を通わせる友達をつくれなかった。この頃、誰よりも竹内さんをかわいがったのが県内に住む母方の祖母だ。

「おばあちゃんは3姉妹の末っ子だった結子ちゃんをとてもかわいがっていました。結子ちゃんも学校から自宅に帰るとそのままランドセルを置いて、生け花の先生をしていたおばあちゃんの家に行き、ご飯まで食べて帰る毎日でした。おばあちゃんは結子ちゃんが芸能界入りしてからも、ずっと応援し続けていました」(竹内家の知人)

 中学時代には、大きな試練に見舞われた。母親にがんが見つかり、竹内さんらの必死の看病も実らず、39才の若さで他界したのだ。このとき、竹内さんはまだ14才だった。母の死の翌年、竹内さんをさらなる衝撃が襲った。

「父親が再婚したんです。しかも再婚相手には男の子ばかり3人の連れ子がいて、3姉妹の末っ子の結子ちゃんは、いきなり6人きょうだいになりました。ただでさえお母さんを亡くした喪失感でいっぱいだったところに、家庭環境の大きな変化が加わって、彼女はますます自分の家に寄りつけなくなった。この頃、結子ちゃんはいっそう孤立を深めていったはずです」(前出・竹内家の知人)

 そんな彼女の心の拠りどころとなったのが芸能界だ。母の死後、竹内さんはスカウトされて芸能界に入った。仕事において少しのミスも許さなかった彼女の姿勢の背景には、「ここしか自分の生きる場所はない」という悲壮な決意があったのだろう。その後、竹内さんは必死の努力でトップ女優の地位を築いた。2005年に25才で中村獅童(48才)と結婚。だが結婚生活は長く続かず、3年後の2008年に破局を迎えた。

「結子ちゃんは幸せな家庭を築きたいと強く願っていましたが、獅童さんの女性問題もあって願いがかなわず、“やはり私に幸せな家庭は無理なのか”とひどく落ち込みました。夫婦関係が冷え込むなかで、傷心の彼女が居場所を求めたのは、実の家族でした」(前出・竹内家の知人)

関連キーワード

関連記事

トピックス

中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン