• TOP
  • 芸能
  • 竹内結子さんの家族葬 慕っていた祖母は参列を拒否された

芸能

2020.10.09 07:00  女性セブン

竹内結子さんの家族葬 慕っていた祖母は参列を拒否された

最も慕っていた肉親が、密葬への参列を拒否されていた

 9月27日に突然飛び込んできた竹内結子さん(享年40)の訃報。彼女を知る関係者によれば、竹内さんは気遣いと心配りを欠かさない心優しさを持った女性だったという。そんな性格の発端は、幼少期に周囲の顔色をうかがい続けてきたことにあるかもしれない──。

 父親は厳しく、言うことを聞かないと鉄拳制裁をも辞さない人だった。父親の仕事の関係で、小中学校時代は埼玉県内の学校を転々とし、心を通わせる友達をつくれなかった。この頃、誰よりも竹内さんをかわいがったのが県内に住む母方の祖母だ。

「おばあちゃんは3姉妹の末っ子だった結子ちゃんをとてもかわいがっていました。結子ちゃんも学校から自宅に帰るとそのままランドセルを置いて、生け花の先生をしていたおばあちゃんの家に行き、ご飯まで食べて帰る毎日でした。おばあちゃんは結子ちゃんが芸能界入りしてからも、ずっと応援し続けていました」(竹内家の知人)

 中学時代には、大きな試練に見舞われた。母親にがんが見つかり、竹内さんらの必死の看病も実らず、39才の若さで他界したのだ。このとき、竹内さんはまだ14才だった。母の死の翌年、竹内さんをさらなる衝撃が襲った。

「父親が再婚したんです。しかも再婚相手には男の子ばかり3人の連れ子がいて、3姉妹の末っ子の結子ちゃんは、いきなり6人きょうだいになりました。ただでさえお母さんを亡くした喪失感でいっぱいだったところに、家庭環境の大きな変化が加わって、彼女はますます自分の家に寄りつけなくなった。この頃、結子ちゃんはいっそう孤立を深めていったはずです」(前出・竹内家の知人)

 そんな彼女の心の拠りどころとなったのが芸能界だ。母の死後、竹内さんはスカウトされて芸能界に入った。仕事において少しのミスも許さなかった彼女の姿勢の背景には、「ここしか自分の生きる場所はない」という悲壮な決意があったのだろう。その後、竹内さんは必死の努力でトップ女優の地位を築いた。2005年に25才で中村獅童(48才)と結婚。だが結婚生活は長く続かず、3年後の2008年に破局を迎えた。

「結子ちゃんは幸せな家庭を築きたいと強く願っていましたが、獅童さんの女性問題もあって願いがかなわず、“やはり私に幸せな家庭は無理なのか”とひどく落ち込みました。夫婦関係が冷え込むなかで、傷心の彼女が居場所を求めたのは、実の家族でした」(前出・竹内家の知人)

関連記事

トピックス