ライフ

『スマホを落としただけなのに』著者が語る江戸川乱歩の魅力

ミステリー小説の基礎を築いた江戸川乱歩(写真/時事通信社)

 名探偵・明智小五郎を生み出し、日本のミステリー小説の基礎を築いた江戸川乱歩。没後55年を経た今日でも、怪しく美しい乱歩の世界は多くの読者を魅了している。

 シリーズ累計97万部以上のヒットを記録し、漫画化・映画化も果たしたミステリー小説『スマホを落としただけなのに』や結婚相談所を舞台にしたヒューマンストーリー『私が結婚をしない本当の理由』の著者・志駕晃さんもそのひとり。

「ミステリー小説を書こうと思い立って様々な作品を読みあさった中で、最も感銘を受けたのが江戸川乱歩の作品でした。普通の生活のすぐ近くで、猟奇的でグロテスクな事件が進行する。そんな日常と狂気が紙一重であるという恐怖は、現代にも通じるのではないかと思っています。私の作品でも、江戸川乱歩作品のエピソードをモチーフにしたところがいつくかあります。例えば、『スマホを落としただけなのに』シリーズの最新作『戦慄するメガロポリス』で殺人鬼が美女を剥製にしようと画策するシーンは、『黒蜥蜴』を読んでいて思いつきました」(志駕さん、以下「」同)

 明智小五郎や怪人二十面相、少年探偵団らが活躍する長編小説が有名な江戸川乱歩作品だが、志駕さんは「乱歩作品は短編こそ面白い」と続ける。

「まず、『人間椅子』『妻に失恋した男』など、タイトルからして面白い。『どういうことなんだろう?』と気になってしまう。そして内容も短い中に謎があって、最後は必ず落ちがある。加えて、『まるで未来を予測していたのでは!?』と思ってしまうような時代を感じさせない新しさがある。例えば人形を愛する男の話『人でなしの恋』はいまのゲームやアニメのキャラクターに恋する若者のことを描いているようにも読むことができます」

 そんな乱歩愛に溢れた志駕さんが次に手がける作品は、『令和 人間椅子』。乱歩の人気短編小説『人間椅子』を現代版に翻案した未発表短編を、朗読劇という形で配信する。

「乱歩の作品の魅力は現代に読んでこそ伝わるのではないかと思います。多くの人があらすじを知っている乱歩の代表作である『人間椅子』を令和バージョンに1時間の朗読劇にアレンジしました。目で読む小説や、シーンを追ってゆくドラマや映画とは違い、朗読はダイレクトに物語が耳に入ってくる。違った面白さを感じてもらえるのではないか」

 朗読を担当するのは人気声優の伊東健人、佐藤聡美、南早紀ら3人。秋の夜長に配信される「令和の乱歩」、多いに注目を集めそうだ。

◇志駕晃
しが・あきら。1963年生まれ。明治大学商学部卒業。2017年、『スマホを落としただけなのに』で第15回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉を受賞し、デビュー。『女性セブン』誌上にてリアルタイム連載小説『彼女のスマホがつながらない』を連載中。

◇朗読劇『令和 人間椅子』、『人間椅子』
10月14日(水)19時からイープラスの配信システム「Streaming+」により生配信。朗読劇の後には出演者や志駕さんを交えたトークショーも行われる。翌日の15日(木)には、江戸川乱歩の『人間椅子』を中島ヨシキ、大空直美の朗読で、同じようにトークショーが実施予定。

関連キーワード

関連記事

トピックス