ライフ

『スマホを落としただけなのに』著者が語る江戸川乱歩の魅力

ミステリー小説の基礎を築いた江戸川乱歩(写真/時事通信社)

 名探偵・明智小五郎を生み出し、日本のミステリー小説の基礎を築いた江戸川乱歩。没後55年を経た今日でも、怪しく美しい乱歩の世界は多くの読者を魅了している。

 シリーズ累計97万部以上のヒットを記録し、漫画化・映画化も果たしたミステリー小説『スマホを落としただけなのに』や結婚相談所を舞台にしたヒューマンストーリー『私が結婚をしない本当の理由』の著者・志駕晃さんもそのひとり。

「ミステリー小説を書こうと思い立って様々な作品を読みあさった中で、最も感銘を受けたのが江戸川乱歩の作品でした。普通の生活のすぐ近くで、猟奇的でグロテスクな事件が進行する。そんな日常と狂気が紙一重であるという恐怖は、現代にも通じるのではないかと思っています。私の作品でも、江戸川乱歩作品のエピソードをモチーフにしたところがいつくかあります。例えば、『スマホを落としただけなのに』シリーズの最新作『戦慄するメガロポリス』で殺人鬼が美女を剥製にしようと画策するシーンは、『黒蜥蜴』を読んでいて思いつきました」(志駕さん、以下「」同)

 明智小五郎や怪人二十面相、少年探偵団らが活躍する長編小説が有名な江戸川乱歩作品だが、志駕さんは「乱歩作品は短編こそ面白い」と続ける。

「まず、『人間椅子』『妻に失恋した男』など、タイトルからして面白い。『どういうことなんだろう?』と気になってしまう。そして内容も短い中に謎があって、最後は必ず落ちがある。加えて、『まるで未来を予測していたのでは!?』と思ってしまうような時代を感じさせない新しさがある。例えば人形を愛する男の話『人でなしの恋』はいまのゲームやアニメのキャラクターに恋する若者のことを描いているようにも読むことができます」

 そんな乱歩愛に溢れた志駕さんが次に手がける作品は、『令和 人間椅子』。乱歩の人気短編小説『人間椅子』を現代版に翻案した未発表短編を、朗読劇という形で配信する。

「乱歩の作品の魅力は現代に読んでこそ伝わるのではないかと思います。多くの人があらすじを知っている乱歩の代表作である『人間椅子』を令和バージョンに1時間の朗読劇にアレンジしました。目で読む小説や、シーンを追ってゆくドラマや映画とは違い、朗読はダイレクトに物語が耳に入ってくる。違った面白さを感じてもらえるのではないか」

 朗読を担当するのは人気声優の伊東健人、佐藤聡美、南早紀ら3人。秋の夜長に配信される「令和の乱歩」、多いに注目を集めそうだ。

◇志駕晃
しが・あきら。1963年生まれ。明治大学商学部卒業。2017年、『スマホを落としただけなのに』で第15回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉を受賞し、デビュー。『女性セブン』誌上にてリアルタイム連載小説『彼女のスマホがつながらない』を連載中。

◇朗読劇『令和 人間椅子』、『人間椅子』
10月14日(水)19時からイープラスの配信システム「Streaming+」により生配信。朗読劇の後には出演者や志駕さんを交えたトークショーも行われる。翌日の15日(木)には、江戸川乱歩の『人間椅子』を中島ヨシキ、大空直美の朗読で、同じようにトークショーが実施予定。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
藤井聡太八冠の今後は
【八冠制覇から8か月】絶対王者・藤井聡太を倒すのは誰か 現在の将棋界は史上空前の層の厚さ“ライバルの本命”は伊藤匠七段
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン