国内

実際に人と会うことが、うつ病予防に SNSで孤独感促進も

三浦春馬さん訃報の衝撃や悲しみは未だに続いている(時事通信フォト)

 世間に大きな衝撃を与えた、相次ぐ芸能人の自殺。死を選んだときに本人が何を思っていたのかはそれぞれだろうが、多くの人が最大の要因とみなすもの──それは「孤独」だ。精神科医の樺沢紫苑さんが解説する。

「過疎地でひとり暮らしをするような物理的な孤独だけでなく、心理的な孤独も大きなファクターです。たとえ家族と一緒に住んでいても、交流がなく、愛されていると思えなければ孤独です。

 芸能人の自殺も“心の孤独”が一因になっている。有名になったりお金持ちになったりして社会的な地位が上がると、本心を打ち明けて相談できる人が少なくなります。誰にも本音を話せないことも、心理的な孤独感が増すのです」(樺沢さん)

 SNSが普及した現在は、誰もがせっせと他人とコミュニケーションを取っているように見える。しかしSNSには、自殺を食い止めるほど孤独を癒す力はない。

「ある研究によると、実際に人と会う機会が多いとうつ病を予防できた一方、SNSのコミュニケーションでうつ病を予防する効果は確認できませんでした。SNSは、リアルのコミュニケーションにはかなわないのです」

 むしろ、SNSは若年層の孤独感を促進するとの声もある。これは、人間の感情と脳の発達に起因する。脳科学者の杉浦理砂さんはいう。

「人間は、脳の中心部にある『扁桃体』が感情を司り、理性を司る『前頭前野』がそれをコントロールすることで、感情に振り回されずに生きています。しかし、思春期は前頭前野が未発達な一方、ネガティブな感情に反応する扁桃体は成熟しています。このため若い世代は、SNSでネガティブなメッセージを受け取ると理性が働かず、感情をうまくコントロールできなくなり、衝動的になりやすいのです。

 この時期は特に仲間意識が強く共感力が高いため、仲間から疎外されたときのストレスは大人の想像を絶するほど大きく、強いショックを受けます。大きな孤独感を抱え、そのまま自殺してしまうことがあるのです」(杉浦さん)

 幼少期の生育環境や家族、知人らの自殺経験も重要だ。

「特に、親が自殺していると、子供の自殺率は5倍も上がるといわれています。“大変なことが起きたら自殺する”という選択肢が植えつけられ、自殺が連鎖しやすくなるのです」(樺沢さん)

【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル0570-783-556(午前10時~午後10時)
フリーダイヤル0120-783-556(毎日午後4時~午後9時、毎月10日午前8時~翌日午前8時)

※女性セブン2020年10月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
にこやかな表情を見せる清宮幸太郎
両親の迎えで笑顔になった日ハム・清宮幸太郎 ファンのサインに応じる“神対応”現場
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン