国内

Go To恩恵の「ぐるなび」会長 文化功労者のタイミングが話題

功労者

公共事業費からの芸術文化への支出も提言する滝会長

 脚本家の橋田寿賀子氏ら5人が文化勲章に選ばれると同時に、漫才の西川きよし氏、作曲家として知られる三枝成彰氏ら20人が選ばれた本年度の文化功労者。その20人のなかに、「パブリックアート」というあまり聞き慣れない分野で滝久雄氏という名前が連なる。飲食店情報サイト大手「ぐるなび」の創業者で取締役会長と言ったほうが通りはいいだろうか。

「滝会長はかねて文化支援への関心が強い。駅や空港、公共施設などの公共空間に彫刻などの芸術作品を設置するパブリックアートの普及を推進し、さらに公共事業費の1%を芸術文化に支出することを義務づける『1%フォー・アート』制度を呼びかけるなどの活動が評価されたようです」(全国紙経済部記者)

 経営者が文化功労者に選ばれた例は、過去にも詩人・辻井喬として受賞したセゾングループ代表の堤清二氏などがいて、珍しいケースではない。滝氏の選定が関係者の間で話題になっている理由は、そのタイミングにある。

「滝氏が会長を務める『ぐるなび』は、菅義偉首相が官房長官時代だった頃から官邸肝煎りで準備が進められてきた『Go To イート』キャンペーンのオンライン飲食予約事業者です。滝氏と菅首相は昵懇の関係として知られていて、『週刊文春』(9月17日発売号)では、滝氏が会長を務める広告代理店から菅氏の政治団体に献金があったことから、両者の関係がGo To イート事業への採択に影響を与えた可能性について指摘されていました。ただし、菅氏、ぐるなびとも影響は否定しています」(同前)

 折しもGo Toイートが始まった10月1日から14日までの間で、ぐるなびのネット予約が前年同期比2.5倍に増えたと報じられたばかり。コロナ禍で苦境にあえぐ外食産業が潤っているとすれば今回の政策は狙い通りと言えるが、「潤っているのはグルメサイトだけ」(SankeiBiz、10月29日付)という報道もある中で、“Go Toイートで税金の恩恵を受けたあとは文化功労者までもらえるのか”という声が上がってもおかしくない。

関連記事

トピックス

綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン