• TOP
  • 芸能
  • オファー殺到の岡田健史、「心で演じる俳優」と言われる所以

芸能

2020.11.01 07:00  NEWSポストセブン

オファー殺到の岡田健史、「心で演じる俳優」と言われる所以

オファーが続く岡田健史

 俳優・岡田健史(21才)の名前は今、ドラマや映画のキャスティング会議で必ずといっていいほど出るという。2018年放送のドラマ『中学聖日記』(TBS系)で、ヒロインを演じる有村架純の相手役としてオーディションで抜擢され、俳優デビュー。それ以降引っ張りだこの人気で、今年は5本の映画に出演し、複数のドラマで主演も演じている。あっという間に人気俳優の仲間入りを果たした岡田。なぜ彼にオファーが殺到しているのか。

 ドラマに詳しいライターの田幸和歌子さんは「これだけブレイクするのは必然だった」と、初めてインタビューしたときのこと振り返る。

「彼の初演技の仕事が、『中学聖日記』の2番手ということで、気になって話を聞きに行きました。まだ放送前のことで、知名度もそれほどありませんでした。取材のときは拳を軽く握りしめて両ひざの上に置き、普通の高校生のようにとても緊張していました。

 ところが、カメラを向けたらパッと表情が変わったんです。まだ撮影経験が乏しいはずなのに、すごくポージングがうまい。なぜかと尋ねたら、いろんな先輩の現場を見学して学んでいると言っていた。

 彼はまじめで仕事熱心で、学ぼうという意欲が強い。その姿勢だけでも、この子は絶対伸びるし売れるだろうと感じました。なかなか出会うことがない、しかもまだ世に出ていない原石を見つけたという、すごくうれしい気持ちになりました」(田幸さん・以下同)

「思春期の中学生」として説得力あった

 田幸さんは『中学聖日記』を見て、人気俳優になるとさらに確信を深めたという。岡田はこのドラマで、女性教師と禁断の恋に落ちる10才年下の中学生役を演じた。

「彼は身長180cmあるし、長年球児だったため体ができ上がっていて、中学生に見えないという批判もありました。しかし、中学生よりももっと幼く見えるほどピュアな演技を見せてくれました。

 印象に残っているシーンは、遠くから聖(有村)を見つけて、大きい声で“先生、ぼく、先生のこと好きになっちゃいました”というセリフ。むき出しの感情と汚れていない感性が、本当に子供に見えるんですよ。好きだけど相手にイライラしちゃう感じとか、コントロールできずに気持ちを持てあまして体が動く衝動は、思春期の中学生としての説得力があった。それは彼が野球一筋で、すれずに成長してきたからこそでしょう。容姿が大人っぽいだけに純粋さが際立ちました」

関連記事

トピックス