スポーツ

「阪急タイガース」とはいかない阪急vs阪神「因縁の戦史」

社長辞任も阪急vs阪神の権力闘争だったのか

 阪急阪神ホールディングスの角和夫・代表取締役会長グループCEOの鶴の一声で、阪神タイガースの揚塩健治・球団社長が辞任を表明したのが10月9日のこと。NEWSポストセブンでも報じたが、“不可侵”とされてきたタイガースのトップ人事に「阪急」のトップが口を出したということで、タイガース・ファンのみならず、関西財界までもが、「いよいよ阪急タイガースになるのか」と興味津々だ。

『週刊ポスト』(11月6日発売号)では、阪急vs阪神の長年にわたるライバル関係と球団経営の行方について特集しているが、そもそも経営統合(2006年)前の阪急と阪神は、球団同士も電鉄同士も水と油だった。そうなった理由としては会社設立当時にまでさかのぼる深い因縁がある。

 本業である電鉄業では、半沢直樹も驚く仁義なき戦いが繰り広げられた。在阪新聞社の社会部記者が語る。

「阪急の宝塚駅から阪神の尼崎駅まで阪神バスが走っていますが、これは昭和初期に阪神がここに電車を通そうと狙っていた名残です。しかし、阪急宝塚線に挑んだこの計画は頓挫してしまいました。逆に、阪急の塚口駅から阪神の尼崎駅までは阪急バスが入っていて、これは阪急が伊丹線を尼崎まで延長しようと画策した名残です。これも諸般の事情で潰れてしまった計画です。両社には、そんなつばぜり合いの歴史が山ほどあり、その名残は今でもあちこちに見られます」

 阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道は、大阪と箕面、宝塚を結ぶ路線として開業したが、その後は阪神、京阪、南海に対抗するために周辺の電鉄会社を統合していく計画だった。そのなかには、阪神電鉄と並行して山手側に建設許可を得ていたものの未着工だった灘循環電気軌道の買収計画もあった。阪神への対抗を意識したものだったが、阪神電鉄が訴訟を起こして妨害しようとした。最終的に3年の裁判の末に阪急が勝訴して神戸線を開通させることができたのだが、今も並行して走る両路線には、設立当時からの因縁があったのだ。

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン