• TOP
  • 国際情報
  • 隠れトランプを覚醒? 猛追劇を後押ししたのは実はメディア

国際情報

2020.11.06 16:00  NEWSポストセブン

隠れトランプを覚醒? 猛追劇を後押ししたのは実はメディア

トランプ支持者は何を思う…(AA/時事通信フォト)

寝ていた隠れトランプを呼び起こした?(AA/時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、事前の世論調査で不利とされていたドナルド・トランプ大統領が、米大統領選挙で激しい追い上げを見せることができた理由について。

 * * *
 ここまで接戦、いや大激選になるとは米大統領選挙は分わからない。世論調査では民主党候補のジョー・バイデン氏が圧倒的にリードを広げていただけに、大票田であるフロリダ州やテキサス州でトランプ氏が勝利するとは思わなかった。2016年の大統領選挙の際、ヒラリー・クリントン候補が有利と言われていた中、トランプ氏に勝利をもたらしたと言われる“隠れトランプ”も、コロナの影響などで減ったと推測されていたというのに。

 情報番組のコメンテーターの話を聞き、新聞やネット記事の解説などを読み、トランプ氏への数々の抗議活動を見れば見るほど、バイデン氏が優勢。だが現役の大統領として、各州でエネルギッシュな演説を続けるトランプ氏の姿をニュースなどで見ると、もしかすると今回もトランプ氏が逆転劇を演じるのではないかと思えた。実際、トランプ氏は猛烈な勢いでバイデン氏との差を縮めていたのだ。

 トランプ氏が逆転の可能性を感じさせ、ここまで追い上げることができたのはなぜか。その理由の1つに「単純接触効果」が関係していたのではないだろうか。

「コロナはいつの間にか消えてなくなる」と主張し、マスクの着用を軽視していたトランプ氏の感染が報じられたのは10月2日。入院したもののわずか3日で退院し、復活をアピールした。振り返れば、コロナの感染は、劣勢になっていたトランプ氏にとって危機をチャンスに変える絶好の機会だった。力強いリーダーとして驚異的な回復力を世間に示し、支持者を熱狂させる好材料になったのだ。

関連記事

トピックス