国内

江原啓之氏 自殺願望がある人に「言霊を意識して暮らして」

鈴木

聖心会シスターの鈴木秀子さん

布団に入って体を休めるような感覚で死の床に──

鈴木:私の周囲に飛び込み自殺を図ったものの、幸いにして助かったという青年のお母さんがいます。そのかたによれば、後日、息子さんは「あの頃は本当に疲れ果てていて死のうという気力さえなかった。そんな状態でホームにいて、電車が近づいて来たら、スーッと吸い込まれるようにして飛び込んでいた」と話していたのだとか。

江原:ああ。

鈴木:そのお母さんが「ちゃんと心が目覚めているときは死ぬなんてことはできないのではないか」と言っていたのが印象的です。

江原:私も同じことを考えていました。これは個人的な見解なのですが、三浦春馬さんにしても、竹内結子さんにしても計画的に死んだのではないと思うのです。フッと楽になりたいという発想が脳裏を過り、お布団に入って体を休めるような感覚で死の床に就いたのではないかと。

鈴木:あるいは発作的に「もう何もかもどうでもいい」といった強い感情に襲われ、なんとなく死へ誘われてしまったのかもしれませんね。実は今日、伺ってみたいと思っていたことがあります。

江原:はい。なんでしょう?

鈴木:江原さんは「自殺願望が頭から離れない」という相談を受けたらどうアドバイスしますか?

江原:言霊を意識して暮らしてくださいとお伝えします。「死にたい」と思ったら「生きたい」と口にすることなのです。

鈴木:言葉の力というのは本当に大きくて、自分が言った言葉に心が添っていくということがありますからね。

江原:充分な睡眠をとってエネルギーをチャージしてくださいということも伝えます。けれど人に相談できる人は、おそらく大丈夫なのです。

鈴木:ええ。自死を防ぐために最も有効なのは人に苦しみを打ち明けることだと私も思います。ところがコミュニケーションが苦手だという人もいれば、プライドが邪魔をしてできないという人もいます。

江原:そういうかたがいたら、シスターはどのようにアドバイスをなさるのですか?

鈴木:人に苦しみを打ち明けることがなぜ重要かというと、心を整理することができるからなのです。だとしたら、話す相手は人でなくてもいいわけで。私は神様に打ち明けてみてはどうでしょうかとおすすめするでしょう。私自身も実践していることです。

江原:シスターも悩ましい問題に直面することがあるのですか?

鈴木:もちろん。一難去ってまた一難というのは世の常ですから。とにかく私は礼拝堂へ行き、「今日、こんな悪心を抱いてしまいました」といった反省も含め、愚痴も嘆きも弱音もすべて神様に打ち明けるのです。神様は何時間でも話を聞いてくださいますよ。

江原:確かに。神様の前では清らかな誓い以外はしてはならないと考えてしまいがちですが、そんなことはないのですね。いずれにしても自分の宗教を持っている、つまり神様の存在を信じている人は強いなと感じます。

【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル0570-783-556(午前10時~午後10時)
フリーダイヤル0120-783-556(毎日午後4時~午後9時、毎月10日午前8時~翌日午前8時)

【プロフィール】
江原啓之(えはら・ひろゆき)/スピリチュアリスト、オペラ歌手。一般財団法人日本スピリチュアリズム協会代表理事。1989年にスピリチュアリズム研究所を設立。主な著書に『幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック』『予言』『守護霊』『聖なるみちびき』『幸せに生きるひとりの法則』『あなたが輝くオーラ旅33の法則』『人間の絆』など。

鈴木秀子(すずき・ひでこ)/聖心会シスター。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。文学博士。フランス、イタリアに留学。スタンフォード大学で教鞭をとる。聖心女子大学教授を経て国際コミュニオン学会名誉会長。聖心女子大学キリスト教文化研究所研究員・聖心会会員。主な著書に『今、目の前のことに心を込めなさい』など。

構成/丸山あかね

※女性セブン2020年11月19日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン