ライフ

旅人・紗綾と行く九州豪華列車旅 桜島や霧島山麓の絶景満喫

北九州出身の紗綾が豪華列車に乗りながら九州の魅力を案内

北九州出身の紗綾が豪華列車に乗りながら九州の魅力を案内

 黒光りする重厚なボディに金色のロゴマークが輝く車両が海岸沿い、山間を駆け抜ける。JR九州が新たに投入した観光列車「36ぷらす3」が10月16日、華やかにデビューした。“走る九州”と銘打ち、地元の食、伝統工芸、文化など九州の魅力を詰め込み、木曜から月曜まで5ルートをつなげて九州全7県をめぐる。7月豪雨による被災で運行保留中だった木曜ルートも11月19日から運行開始予定となり、全ルートの総走行距離は1198キロに及ぶ。1日単位で乗車でき、乗車区間やプランの選択肢が多いのが魅力だ。月曜ルートの博多駅―佐賀駅間のグリーン席プランなら5270円で気軽に乗れる。

 北九州市特命観光大使も務める紗綾さんが、鹿児島中央駅から宮崎駅へ向かう金曜ルート「黒の路」に乗車する。

「えっ、私が乗る1号車の床は通路も個室も全部、畳敷きなんですか! いぐさのいい香りがして心身ともにリラックスできますね」(紗綾さん・以下同)

 靴を脱いで足を踏み入れると、驚きの声を上げた。全6両編成で車両ごとに趣が異なり、1号車(個室)と6号車(グリーン席)は畳敷き仕様となっている。

 発車から10分弱後、雄大な桜島と鹿児島湾(錦江湾)の絶景が進行方向右側の車窓に流れてきた。スマートフォンでの撮影に夢中になる紗綾さんの笑顔が弾ける。

「湾に沿ってしばらく走行するので、桜島をぐるり180度の角度から眺められて感動しました。景色を楽しみながらいただいた、鹿児島県の山海の幸がたっぷり入った食事も最高に美味しかったです!」

「36ぷらす3」をデザインしたのは水戸岡鋭治氏。かつて同氏がデザインし、特急「つばめ」として活躍した車両「787系」を全面的に改造した。その「つばめ」時代に人気を博したビュッフェが17年ぶりに復活したのも「36ぷらす3」の目玉の一つ。床や壁に銅板を多用したモダンな空間で、紗綾さんも足を運び、九州の地酒などを楽しんだ。

電車内の通路の装飾も綺麗

電車内の通路の装飾も豪華絢爛

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト