国内

インスタグラマーとパパ活する50代男性、最近のパパ活に警鐘

最近のパパ活女子はインスタグラマー(イメージ)

パパ活はポピュラーになったが…(イメージ)

 若い女性が継続的に食事や金銭的援助をしてくれる男性(パパ)を求めて活動することが「パパ活」と呼ばれることは、多くの人の知るところとなり、メディアでもたびたび取り上げられてきた。パパ活には必ずサービス提供者と報酬支払者が存在するのだが、当事者の声として紹介されるのは多くが女性側の事情や本音ばかりだ。では、パパの側はどう考えているのか。ライターの森鷹久氏が「最近のパパ活は節度がない」と嘆くパパの一人に聞いた。

 * * *
 生活に困窮したから。今より少しリッチな暮らしがしてみたいから──。

 様々な理由から、恋愛関係にない男性のお相手をして金銭を得る「パパ活」。金銭の対価として支払者が得られる商品にあたるものが、あまりに曖昧で価値があるのかどうか分かりづらいことから、何か後ろ暗い実態があるのではないかと思われてきた。ところが最近では「知り合いの知り合いがやっている」という話が聞こえてくるほど、身近になりつつある。そして、雑誌やワイドショーに「パパ活をやっている」という女性が出てきては、自らの活動内容と正当性を訴えたりもしている。主に女性から語られることが多いパパ活だが、彼女達の相手である「パパ」の方はどんな人たちなのかというと、よくわからない。

「パパ」としてお金を払っていると言い出しにくい、やはり後ろ暗い面があるのだろうか。直接「パパ」に聞いてみると──。

「とんでもない。やましい気持ちはボクにはありませんよ(笑)。ただ、女の子に迷惑がかかっちゃうから、おおっぴらにしないだけ。ボクは友達に紹介してもいいと思っているくらい」

 自ら「パパ」であることを明かしてくれたのは、都内の印刷会社経営・広田英一さん(仮名・50代)。筆者が初めて広田さんを見た時に抱いた印象は、どこにでもいるおじさん、であった。ギラギラと脂っぽいわけでもなく、どちらかといえば淡白そうなタイプ。ただし、服装にはこだわりがあるようで、若者が着るようなカジュアルなブランドのアイテムを、子供っぽくならないようさりげなく着こなすセンスがあった。こういった点が、若い女性に親近感を与えているというのか。

 妻とは40代で離婚、息子と娘はすでに成人、三代続く印刷所の一人息子という典型的な「ボンボン」で、金銭的に余裕があるから「パパ活」なんてものに関わっているようにも見えるが……。

「それもとんでもない(笑)。ご存知の通り、印刷所なんかどこも風前の灯火。車だって、昔はポルシェだったけど今は経済的なプリウス。年収だって、昔は2000万はあったけど、今はサラリーマン並み。金持ちのジジイが若い女に金あげていうこと聞かせて……っていう感じじゃないのよ」(広田さん)

 実際にパパ活として女性たちが何を男性たちに提供しているのかを聞くと、ほとんどが「一緒に食事をする」「ドライブをする」などで数万円からの金銭が発生することに驚かされる。多くの人が想像する、そこからホテルに泊まる、旅行へ行くなどといった、より密接な関係を結ぶケースは例外と言えるそうだ。1990年代に女子高校生の援助交際が話題になり始めたときも、当初は食事をしたり一緒にプリクラを撮る、といったことだけで女子高校生が2万~3万円を得ていた。その後、援助交際は市場バランスが大きく変動し、売買春と変わらないものへと変質していったが、現在のパパ活は、変動前の援助交際に近い形がほとんどらしい。しかし、そうなると女性による接待サービスがある店へ行くのが自然の選択のように感じるが、広田さんもやはり最初はそのようにしていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン