スポーツ

大阪ドームの日本シリーズで阪神ファンが「原・巨人を応援」

データでは大阪ドームは鬼門だが……

データでは大阪ドームは鬼門だが……

 コロナに振り回された今年のプロ野球は、当初予定から2週間遅れの11月21日にようやく日本シリーズ第1戦を迎える。セ・リーグを独走で制した巨人にとって最大の誤算が「本拠地・大阪ドーム(京セラドーム大阪)」という異例の事態である。セ・パ交流戦のなかった今シーズンは同球場で戦ったこともなく、1年半ぶりの舞台。レギュラー・シーズンでオリックスと対戦して球場に慣れているソフトバンクとは経験の差が歴然としている。

 東京ドームが22日開幕の都市対抗野球と重なってしまうために使えないことは早くからわかっていて、広く報じられてきたからファンも承知のことだ。それにしても、東京を離れ、関東からも離れて大阪を“本拠地”にしたのはなぜなのか。スポーツ紙デスクが内幕を明かした。

「都内なら、ヤクルトの本拠地である神宮球場があるが、こちらも明治神宮野球大会と重なって無理だった(大阪ドームに決定後、明治神宮野球大会は中止が発表された)。勝手知ったる近くの球場ということならDeNAの横浜スタジアムもあるが、11月後半という寒い時季なので屋外球場は除外されることに。東京から最も近いセ・リーグのドーム球場は中日のナゴヤドームだが、親会社が読売新聞と中日新聞というライバル同士。実際には音楽イベントが入っていたようだが、交渉の難しさから真っ先に外されていたらしい。最終的に大阪ドームになったのは、例年、巨人が主催試合をしていたから」

 確かに大阪ドームは巨人がこれまでも主催試合をしてきたが、“ホーム”と呼べるほど安心感はない。過去5年間ではオリックスとの交流戦を含めて7勝7敗の成績。主催ゲームに限れば3勝5敗と負け越している。苦手意識のある選手たちにとっては、せめて球場を出たら大阪の街でリラックスしたいところだろうが、今年はコロナで街に繰り出すことさえできない。

「かつて巨人は甲子園の阪神戦も含めて関西での試合は芦屋の『ホテル竹園』を使ってきた。その後、選手たちの要望で大阪ドームの時は中之島の『ホテル・リーガロイヤル』になるのだが、使い慣れた竹園ではなく大阪に宿を希望したのは、リーガロイヤルが繁華街・キタ新地と近いという理由からだった」(前出・スポーツ紙デスク)

 キタの街を愛する選手たちには皮肉なことに、今年はそのすぐ近くで“おこもり”するしかなさそうだ。どうせなら、キタの誘惑のない芦屋のほうが良かったかもしれない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン