スポーツ

大阪ドームの日本シリーズで阪神ファンが「原・巨人を応援」

藤川のラスト登板は阪神ファンの感動を呼んだ

藤川のラスト登板は阪神ファンの感動を呼んだ

 今年は、原辰徳・監督にとって記念のシーズンだった。7月に長嶋茂雄氏、9月には川上哲治氏を抜いて、球団史上最多勝利監督の栄誉を達成している。ただし、V9監督である川上氏と肩を並べるには、やはり日本一の称号が必要となる。川上氏は11度のリーグ優勝を達成し、そのすべてで日本一になっている。それに対して原氏は8度のリーグ優勝を果たしているものの、日本一は3回だけ。同じ顔合わせだった昨年の日本シリーズでは、ソフトバンクに4連敗して屈辱を味わっている。

 その原氏の“思わぬ援軍”になるのが、もしかすると宿命のライバルである阪神のファンたちではないかという説がある。

「11月10日の藤川球児の引退試合で、原監督の粋な演出が阪神ファンの心をつかんだ。主力の坂本勇人、中島宏之をわざわざスタメンから外し、藤川が登板した9回に代打で送り出して花道を飾らせた。藤川は全球ストレートで勝負し、坂本、中島もフルスイングで応えて連続三振。この演出のために、8回には投手の桜井俊貴を打席に立たせて野手を温存していた。ネットには、この計らいに感激した阪神ファンから原監督への感謝の言葉があふれている」(前出・スポーツ紙デスク)

 古くは、2003年に原氏が監督解任された際に、当時の阪神監督だった星野仙一氏が甲子園の最終戦で「タツ、くじけるなよ。また勉強して帰って来い」と抱き寄せたシーンも阪神ファンの記憶に刻まれており、いわばその返礼となった今回の原采配で、日本シリーズには意気に感じた阪神ファンが応援に駆けつけると噂されているのだ。

 そうなれば歴史的なシーンだろう。がぜん、“大阪の陣”が楽しみになってくる。『週刊ポスト』(11月16日発売号)では、巨人と大阪ドームの相性について詳報しているので、そちらもご覧いただきたい。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン