国内

金銭トラブル解決の動きない小室圭さん 母・佳代さんは無言

代理人弁護士は「小室さんは国民の理解を得られるよう、積極的に動いてきた」と言う

代理人弁護士は「小室さんは国民の理解を得られるよう、積極的に動いてきた」と言う(撮影/黒石あみ)

 先日、小室圭さん(29才)との結婚について“お気持ち”を示す文書を発表された秋篠宮家の長女・眞子さま(29才)。結婚は再延期となり、結局進展はないままだ──。

 陽はすっかり落ち、秋の冷たい夜風が吹き始めた夕刻、神奈川・横浜市内のマンションに1人の女性がタクシーで帰ってきた。背中を丸め、マスクで顔を深く覆った“防御姿勢”で足早にエントランスへと向かうのは、小室さんの母・佳代さんだ。

 今年の夏には胸元まであった髪は短く切りそろえられていた。佳代さんがマンション入り口のインターホンに向かって声をかけている間、本誌・女性セブン記者には背中を向けたままだった。いくら質問を投げかけても答えは返ってこない。

──お母さんとしては、やはりホッとしていますか?

 最後にそう尋ねると、佳代さんは振り返ってマスクの奥で確かに笑みを浮かべ、会釈をした。

「お寒い中、お疲れさまです」

 そう言い残し、マンションの中へと入っていった──。それは眞子さまが「お気持ち」を発表された翌々日のことだ。佳代さんのその笑みは、愛息の結婚が大きく動き出したことへの喜びにほかならないだろう。

《結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です》

 11月13日、眞子さまが、婚約内定者の小室さんとの結婚について記された「お気持ち」文書を、宮内庁が公表した。

「皇族方が強い言葉で自身の胸の内に言及されるのは極めて異例のことです。世間からの批判に晒されることも覚悟の上だと思いますが、それでも“言いたいことがある”“黙ってはいられない”というご意思が感じられました」(皇室ジャーナリスト)

 文書で強調されたのが、秋篠宮ご夫妻の「理解」だ。冒頭には《両親の理解を得たうえで》文書の公表に至ったことが記された。

「文書中で気になったのは、『両親の理解』という言葉が、文書の公表に対する理解を指すのか、それとも結婚に対する理解なのかということでした。その点について、皇嗣職大夫ははっきりと“結婚に対しての理解だ”と認めました。秋篠宮さまの了解があった上での明言だったはずです。眞子さまのご意思が相当に強く、それを秋篠宮さまは受け入れざるを得なかったのでしょう」(宮内庁関係者)

 紀子さまは9月の誕生日に《長女の気持ちをできる限り尊重したい》と示された。

「“できる限り”という言葉には“できないこともある”というニュアンスが感じられます。ですから、紀子さまは結婚は認められないと、オブラートに包んで表現されたと思っていました。ですが、今回の文書を見ると、紀子さまもお誕生日の時点ですでに諦められていたのかもしれません」(前出・宮内庁関係者)

 紀子さまが出されたのは眞子さまの結婚を認める“白旗宣言”だったのだろうか。「立皇嗣の礼」が新型コロナで延期されるまで、「お気持ち」文書は今年4月時点で公表できるよう準備されていたという。約7か月もの間、眞子さまはその決意を温めてこられたのだ。

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン