芸能

柏原芳恵が40周年記念ライブ開催 白血病のパートナーが後押し

デビュー40周年の節目にパートナーの闘病

デビュー40周年の節目にパートナーの闘病

「この40年、たくさんのかたに出会いました。つくづく出会いというのは一つひとつが大事だと、改めて感じています」

 10月17日、東京都北区の北とぴあさくらホール。ここで開催されたデビュー40周年記念コンサートの最中、純白の衣装に身をまとった柏原芳恵(55才)は、しみじみとそう語り、往年と変わらない艶やかな歌声を披露した。もともとこのコンサートは7月に予定されていたが、新型コロナの影響で延期。無事に開催された記念公演に駆けつけたファンは、SNSでこう歓喜した。

《すごくお若くておきれいでビックリ!》
《歌声とスタイルと美貌は変わらずそのままでした》

 6月には約12年ぶりとなるシングル『KU・ZU~ワタシの彼~/A・RU・KU~愛してる人にちゃんと愛を伝えてますか?~』を発表し、デビュー40周年が経ったいまでも、第一線の歌手としての貫禄を見せつけた。しかし、こうした彼女の活発な活動に驚きの声も上がっている。音楽関係者が重い口を開く。

「芳恵さんは、いままではテレビに出るといっても年に1回ぐらいで、芸能活動はかなりセーブしていた。最近の活動を見ていると、背中を押してくれる出来事があったんだと感じます。

 芳恵さんといえば、恋多き女として知られましたが、1990年を境にスキャンダルはパタリとなくなっています。それは異国で出会ったある男性K氏との出会いがきっかけでした。以降、彼女は今日までその男性との事実婚生活を貫いているんですよ。ただ、数年前その彼に深刻な病が見つかって……」

 2015年、70才を超えたK氏が、白血病を患ったのだ。柏原は、献身的にK氏の闘病を支えてきたという。

 それから5年あまり経ち、病状が落ち着いたK氏は現在、自宅療養をしているという。

「ヘルパーの人が自宅を訪れることはなく、Kさんの身の回りの世話はすべて芳恵さんが行っています。彼女はテレビなどでは『自販機の使い方がわからない』『身の回りのことはすべてスタッフがやってくれる』と話していますが、最近は買い物や料理、掃除といった家事をすべてひとりでこなしているんです」(前出・音楽関係者)

 迎えた今年のデビュー40周年。看病のため仕事をセーブしていた柏原の背中を押したのはK氏だった。

「『せっかくの40周年なので、ぼくのことはいいから、きみの記念になるようなことをやるべきだ』とKさんがアドバイスしたんです。最初は躊躇していた芳恵さんですが、最後には記念コンサートと新曲の発表を行うことを決断しました」(前出・音楽関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン