• TOP
  • ライフ
  • QUEENのお宝 「フレディ最後の恋人」から落札した貴重盤

ライフ

2020.11.24 16:00  女性セブン

QUEENのお宝 「フレディ最後の恋人」から落札した貴重盤

aa

フレディとスペインのオペラ歌手モンセラート・カバリェ(享年85)がコラボしたアルバム『バルセロナ(Barcelona)』。ジム宛てに両者のサインが入っている

 1973年にイギリスでデビューし、伝説的ロックバンドとなったQUEEN(以下、クイーン)。2018年に公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』も手伝い、世代を超えた人気が続いている。

 そんなクイーンを39年にわたって応援し続けてきた熱烈なファンが愛知県で病院の事務長を務める平谷幹樹さん(49才)だ。平谷さんにクイーンへの深い愛を語っていただくとともに、マニアだからこそ入手できた貴重な「お宝」を公開していただいた。

 * * *
 クイーンとの出会いは11才、小学5年生のときでした。洋楽好きの2才年上の兄貴から勧められて聴いたときの衝撃たるや……。

 初めて耳にしたのは『プレイ・ザ・ゲーム(Play The Game)』でした。ボーカルの澄んだ高音は女性の声だと思っていましたが、フレディ・マーキュリー(享年45)を見て、ヒゲの男性だとわかり、とても驚きました。

 1985年5月、愛知県体育館で初めてクイーンのコンサートに行き、フレディを実際に見ることができたのは、人生の中で忘れることのできない、最高の瞬間でした。

 まだ中学生だったので、親についてきてもらって、名古屋のチケットプレイガイドに買いに行ったことを覚えています。チケット代は5000円でした。私の人生初のライブ。思春期にクイーンと出会えたなんて、ものすごい贅沢な経験だったと思います。

 中学、高校時代は寝ても冷めてもクイーンのことばかりで、夢の中でメンバーに会って、サインをもらって喜ぶ……というところで目が覚める。チクショー、夢だったのかと悲しい思いをしながら起きたことも二度三度じゃありません。

 初ライブでフレディの生歌を聴いてから、コレクター魂に火がつきました。兄貴がレコード店に行くたびにクイーンのシングルや12インチ盤を買ってきてくれ、それがきっかけでレコードを集めるようになりました。そして、レコード類だけにとどまらず、唯一無二のものが欲しくなり、コネクションを使ったり海外のオークションを覗くようになりました。

関連記事

トピックス