芸能

鬼気迫る「明石家さんまの言葉ストーカー」高田文夫氏も絶賛

若き日の明石家さんまを綴った書籍が発売された

若き日の明石家さんまを綴った書籍が発売された

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、明石家さんまの知られざる歴史を綴った本から“師弟”についてお届けする。

 * * *
 生まれた時からずっと面白くて、40年前にテレビ・ラジオに出始めてからももっともっと面白く、ずっと「笑い」、「放送」の分野でトップを走りつづけ“休場”という言葉も知らない大横綱・明石家さんま。みごとという他ないが、さんまは常々「今しゃべっている事が一番大切。すべてライブなのだ」という考えから、あまり活字などには残さずに来た。雑誌などの取材もほとんど無いというのが現実だ。弟子入り前後の話、修行中の話、落語に取り組み、そして決別した日の事など、我々“笑い”の世界にいる人間でも実はあまり知らない。

 そんな所へこの度とんでもない本が出版された。若き日のさんまが大阪のテレビやラジオでしゃべった事などすべて調べあげ、ありとあらゆる姿のさんまが描かれている。長いことメールマガジンに書いたものを当人に見せたところ、「書いたものはお前のやから、お前の勝手にすればいい」と格好いい返事に勇気百倍。鬼気迫る“さんまの言葉ストーカー”である。

「このおっさん、センスがあって一番おもろい」と弟子入りした笑福亭松之助。師弟共に認めあう面白さで自由に育てられたさんま。さんまの名は実家の家業から。“笑福亭さんま”となったが、上に付く亭号の笑福亭が重く堅苦しい。落語にしばられることなくガンガンとフリートークで笑わせたらいいと、松之助の本名をつけて“明石家さんま”とした。風通しのいい師弟なのだ。

 ダウンタウンの時代あたりからノーブランドと呼ばれ師匠につかずにデビューする形が定着したが、さんまは弟子となって人間同士の「情」やら「距離感」、楽屋での気のつかい方、芸人としての立居振舞などどんどん吸収していった。“師匠選びも芸の内”という私の名言があるがまさに松之助師はナンバーワン。

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン