• TOP
  • 芸能
  • 鬼気迫る「明石家さんまの言葉ストーカー」高田文夫氏も絶賛

芸能

2020.12.08 19:00  週刊ポスト

鬼気迫る「明石家さんまの言葉ストーカー」高田文夫氏も絶賛

 この本が1とあるから2、3と出るのだろう。『明石家さんまヒストリー1 1955~1981 「明石家さんま」の誕生』(エムカク著・新潮社)。この著者はこれがデビュー作らしい。

 これを読んでいたらまた嬉しいニュースが。東京の師弟咄ではこの二人が一番。ビートたけしとその師、深見千三郎である。一切マスコミ出演を断ったがその芸はみごとだったと、若き日私はいつもたけしから聞かされていた。修行時代を描いた『浅草キッド』がなんと劇団ひとり監督で映画化。来冬公開。深見を大泉洋、たけしを柳楽優弥が演じる。

 さんまもたけしも「売れるのが一番の師匠孝行」と今日も仕事に行く。

イラスト/佐野文二郎

※週刊ポスト2020年12月18日号

関連記事

トピックス