芸能

水島新司氏が引退 草野球でよく対戦した高田文夫氏の思い

引退を表明した漫画家・水島新司氏と高田文夫氏との思い出

引退を表明した漫画家・水島新司氏との思い出を高田文夫氏が振り返る

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、漫画家・水島新司氏の引退と、1980年に『THE MANZAI』(フジテレビ)を立ち上げたときの佐藤義和ディレクターとの別れについてお届けする。

 * * *
 この節、お別れが多くて陽気な私だって少しは切ない。突然の“水島新司(81)引退”。日本中の野球小僧、漫画少年にとってONの次にリスペクトしているのが水島先生なのだ。

 昭和33年(1958年)漫画家として18歳でデビュー。長嶋茂雄のデビューと同じ年ですよ。以来63年間ひたすら描いてきた。

『男どアホウ甲子園』(1970年~)『野球狂の詩』(1972年~)『ドカベン』(1972年~)『あぶさん』(1973年~)。黙々と描きつづけ、たしか2018年の「あぶさん」の読み切りが最後の作品ではなかったか。

 1981年にスタートした『ビートたけしのオールナイトニッポン』、生放送が深夜の3時に終りいつも新宿の居酒屋へ行っていたのだが、少し余裕もできたので新しく出来た焼肉屋・四谷の「羅生門」へ明け方行くようになった(50代の男の子達にはもうおなじみの店名)。その店をやっている石井さんって人が草野球で水島先生のチーム。四谷三丁目で居酒屋「あぶさん」も始めると、プロ野球選手やらマニア達が集まり聖地になった。いつしか若い衆も増え“たけし軍団”を結成。神宮の草野球場で水島軍団ともよく激突。草野球で200勝以上をあげている水島投手の肩と、足立区に伝わるペンキ打法でみごとなバッティングをみせる北野選手の対決はみものだった。私もウラ口入団で時々代打に出してもらったがいつも目を見張る凡打だった。

 描いて凄く、実戦の投法も凄く、まさに野球の伝道師。ここ何年もつづく大好きなパ・リーグの隆盛が一番のプレゼントだと思う。静かに、本当に静かにペンというバットを置いた。あぶさんよ、永遠なれ。

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト