• TOP
  • 芸能
  • 渡部に救われた?2度目不倫の宮崎謙介がダメージ少ないワケ

芸能

2020.12.14 19:00  NEWSポストセブン

渡部に救われた?2度目不倫の宮崎謙介がダメージ少ないワケ

2度目の不倫を報じられた宮崎謙介氏も弁護士を立てている理由とは(写真/共同通信社)

2度目だが、すぐに鎮火(写真/共同通信社)

 4年ぶり2度目の不倫が報じられた元衆議院議員の宮崎謙介(39才)。不倫が報じられると、翌日のスポーツ紙の一面を飾り、ワイドショーでも連日、大きく報じられた。それが今では騒動がほぼ沈静化したどころか、バラエティー番組にも相次いで出演している。

 4年前の不倫騒動では、妻の出産日に不倫が発覚し、“ゲス不倫”とありがたくない名をちょうだいした宮崎。2度目の不倫の相手は30代の独身女性だった。『文春オンライン』の報道によれば、宮崎は女性と1500回を超えるメッセージをやりとりし、ホテルに誘って「行き過ぎたコミュニケーション」(宮崎)を行ったとのこと。それでも、MCを務める『バラいろダンディ』(TOKYO MX)のレギュラーは降ろされず、最近では関西のバラエティー番組に出演して、不倫ネタで芸人らからイジられている。タレントとしては、ダメージがほとんどないのだ。ネットニュース編集者はいう。

「宮崎の不倫は、絶妙のタイミングだったとしか言いようがありません。今年の芸能界最大級のニュースといえばアンジャッシュ渡部健の不倫。その会見が行われたのは、宮崎の不倫報道のちょうど1週間後です。それから連日、ワイドショーもネットも渡部ネタ一色となり、宮崎の不倫報道はどこかにいってしまった。

 正直、渡部の不倫に比べれば、宮崎の今回の不倫報道の内容はたいしたことない、と考えた人も多かったでしょう。宮崎の『マッサージしただけ』という言い訳は、本来ならネットで散々ツッコまれそうなネタでしたが、渡部の会見が大荒れになったことで、全て吹っ飛んでしまいました」

 宮崎は活動自粛するどころか12月4日にブログを再開。これも、渡部の会見翌日だったことで注目されず、批判的な声はほとんど上がらなかった。

 それに加えて、妻の金子恵美(42才)の存在も大きかった。金子は夫とともに『サンデー・ジャポン』(TBS)に”懺悔出演”し、夫を許す旨の発言をしているベテラン芸能記者の石田春男氏は、こう分析する。

「2017年に妻の藤吉久美子の不倫が報じられた太川陽介は、笑顔で会見に臨み、『ウチのバカモンが軽率な行動を』『カミさんだもん。ぼくは信じる』と述べたため、騒動はあっという間に収束しました。また、夫の中村橋之助の不倫が報じられた三田寛子も、微笑みを浮かべつつ『まだまだ主人も私も至らない点が多々ございまして……』と、述べたため、これもすぐに鎮火しています。

 今回の騒動で、妻の金子は“不倫された側”であるにも関わらず『お騒がせして申し訳ありません』と、述べました。これについてネットには『何で被害者の妻が謝るのか?』といった意見も上がりましたが、宮崎が芸能活動を自粛せずに済んでいるのは、世の中が『妻が許しているなら、外野がガタガタ言う筋合いはない』と、判断したということでしょう」(石田氏)

関連記事

トピックス