芸能

長瀬智也「今は結婚できない」 20代モデルと破局していた

嵐は…

長瀬のプライベートや、いかに…(時事通信フォト)

 年末年始は、芸能マスコミが温め続けた特ダネを放出するタイミング。特に元日のスポーツ紙は熱愛や結婚などのめでたいスクープを飾ることが多いが、今回の目玉と囁かれていた男性アイドルがいる。2021年1月スタートのドラマ『俺の家の話』(TBS系)で主演を務め、3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所するTOKIOの長瀬智也(42才)だ。

「長瀬さんの熱愛はかねてから噂されていました。一部スポーツ紙がその相手を特定し、元日スクープに向けて仕込んでいる、ともいわれています」(芸能関係者)

 だが長瀬の恋が、華々しく報じられることはない。冬の訪れを前に、人知れず終わりを告げていたからだ。“俺の恋の話”はいかにしてスクープ未遂に終わったのか。

「長瀬さんがつきあっていたのは、20代のモデルのA子さんです。長身でエキゾチックな顔立ち。A子さんは長瀬さんより一回り以上年下で、2018年の最初に知人の紹介で知り合ったといいます。長瀬さんが猛アプローチして交際に発展。A子さんが長瀬さんの自宅に頻繁に通うようになり、交際してすぐ半同棲状態になっていました」(ふたりの知人)

 順調に進んでいたかに見えた交際だったが、1年ほど前から衝突することが増えたという。

「長瀬さんは、過去に浜崎あゆみさん(42才)や相武紗季さん(35才)らとも交際していましたが、当時はその関係を隠しませんでした。でも、A子さんとは外でデートすることは少なかったんです。彼女は“私が大きくて悪目立ちするから……”と遠慮がちでしたが、本心は元カノたちと同じように堂々と振る舞ってほしかった。この頃から衝突が増えていったそうです」(前出・ふたりの知人)

 その時期は、長瀬が所属事務所からの退所を模索し始めていたタイミング。熱愛報道などで身辺が騒がしくなることを望まなかったとも取れる。だが、A子さんの胸中は複雑だったようだ。

「A子さんは結婚も意識して真剣に交際していました。長瀬さんが7月に退所を発表すると、その思いは強くなったようにも見えました。彼女の友人たちの間では、“いよいよかもね”と言われていて、A子さんとしてももう隠れて交際したくないという気持ちだったのかもしれません」(前出・ふたりの知人)

 長瀬は結婚に関するインタビューで、若かりし頃は《タイミングがくれば》などと答えていたが、3~4年ほど前から《結婚に、強い憧れを持っているのは事実です》と、より具体的に話すようになっていた。結婚には前向きのように見えたが、実際に選択するのは簡単ではなかったようだ。

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン