• TOP
  • スポーツ
  • 門田博光氏への野村克也さんの言葉「チャンスは1回だけや」

スポーツ

2020.12.25 16:00  週刊ポスト

門田博光氏への野村克也さんの言葉「チャンスは1回だけや」

「南海の三悪人」のひとり門田博光氏

「南海の三悪人」のひとり門田博光氏(時事通信フォト)

 2020年2月に亡くなった野村克也さんは、プロ野球人としての功績だけでなく、鋭い観察眼と深い洞察力に裏打ちされた多くの名言を遺している。プレイング・マネージャーとして南海ホークスで采配を振るっていた1970年代、個性が強すぎるあまり監督として手を焼いたという江本孟紀氏、江夏豊氏と並び「南海の三悪人」と呼ばれた門田博光氏が、野村さんにかけられた忘れられない一言について振り返る。

 * * *
 当時は今の選手のようにチャンスを何度も与えられることはなかったですね。二軍降格は二度と一軍に戻れない片道切符という覚悟だった。プロ1年目の時、野村監督から「スイングが速いから、1回だけチャンスやるわ」と言われたんです。「1回だけですか?」と聞き返したら、「1回だけや」と。それで開幕から2番ライトのスタメンで使ってもらい、その期待に応えて3割くらい打てていたんですが、帰塁した時に肩を脱臼して離脱した。1か月半ほど野球ができませんでした。

 2年目は「そこそこ頑張っていたから、もう1回だけチャンスをやるわ。これでアカンかったら、悪いけど社会人野球に戻ってくれるか」と言われて、必死に頑張って打点王を獲得し、3年目からレギュラーで使ってもらえるようになった。「チャンスは1回」という言葉は、それからもずっと頭に残っていました。

 少ない言葉で奮い立たせるのが本当に上手かったですね。

 ノムさんと僕は似たような性格で、ひたすら野球に没頭し甘えることができない。晩年になって「とことん打撃を追究する門田ほどの野球バカは二度と出てこないだろう」と野村流で認めてくれましたが、ノムさんこそ野球に対してはバカがつくほど真面目な人でしたね。

【プロフィール】
門田博光(かどた・ひろみつ)/1948年生まれ。プロ入りした南海ホークスで野村克也氏はプレイング・マネージャーだった。通算567本塁打、同1678打点はいずれも王貞治氏、野村克也氏に次ぐ歴代3位。

※週刊ポスト2021年1月1・8日号

関連記事

トピックス