• TOP
  • 芸能
  • 紅白のタブー?「長髪の男性は出られなかった」の噂は本当か

芸能

2020.12.30 07:00  女性セブン

紅白のタブー?「長髪の男性は出られなかった」の噂は本当か

左から合田さん、田中さん、堀尾さん

左から合田道人さん、田中稲さん、堀尾正明さん

 今年で71回目を迎える『NHK紅白歌合戦』。今なお日本全国から注目される大きな行事となっており、年末になると、誰が出場するのか、どの曲を歌うのかという話題が、芸能ニュースを賑わせている。そんな紅白歌合戦について、元NHKのアナウンサーで紅白の司会を務めたこともあるキャスター堀尾正明さん、昭和歌謡ライターで紅白ウオッチャーの田中稲さん、紅白歌合戦研究家で作家・音楽プロデューサーの合田道人さんが“紅白秘話”について語り合った。

合田:自分の曲ではなく、ほかの歌手の曲を歌ったケースもあるんです。代表的なのが、桜田淳子が『セーラー服と機関銃』を、榊原郁恵が『なごり雪』を歌った第33回(1982年)。

田中:覚えています! 当時から私は桜田淳子の大ファンで、この回が最後の紅白になったので、オリジナル曲じゃなかったことがすごく残念でした。どうして彼女は薬師丸ひろ子の曲を歌うことになったのか? 不思議で仕方なくて。

合田:あの年は歌謡界全体にヒット曲が出なかった年でね。その中で大ヒットしたのが『セーラー服〜』。薬師丸さんが大学受験の勉強のためという理由で辞退したので、当時のNHKの歌番組『歌謡ホール』で歌い、好評だった淳子ちゃんが、女優や歌手の先輩として歌ったんですね。あの年は他人の曲でも、“歌いたい歌を”というアンケートがとられ、牧村三枝子さんは渡哲也さんの『くちなしの花』を真っ白いドレス姿で歌いましたね。

田中:なるほど。長年の謎が解けました、まさに生き字引(笑い)。ありがとうございます。

合田:そういえば、紅白のタブーとして、まことしやかに囁かれてきたのが「グループサウンズ(以下、GS)は長髪だから紅白に出られない」というウワサでしょうか。

関連記事

トピックス