芸能

滝クリ&進次郎、乳児連れてお出かけ ホームパーティーか──NEWSポストセブン2020年白Tシャツおしゃれ部門1位

知人宅を訪れた滝クリ

 NEWSポストセブンで2020年(1月1日~12月7日)に公開した記事の中から、大きな反響を呼んだ記事を紹介します。「白Tシャツおしゃれ部門」第1位は、6月11日に配信した『滝クリ&進次郎、乳児連れてお出かけ ホームパーティーか』です。夫の小泉進次郎氏とともに、白Tシャツのおそろいコーデ。夫婦仲の良さそうな様子も話題となりました。(以下、年齢などは当時)

 * * *
 東京都の緊急事態宣言が解除されて、初めての週末だった。夕方の4時半、都内の高層マンションのエントランスに、1台のワンボックスカーが停車する。降りてきたのは、ゆったりとした白いTシャツに身を包んだ滝川クリステル(42才)。その腕には、今年1月に生まれたばかりの長男・道之助くんの姿もある。出迎えた男性とにこやかに挨拶を交わし、慣れた様子でマンション内へ。後を追うのは、滝クリの愛犬・アリスを連れた夫の小泉進次郎環境相(39才)。見慣れたスーツ姿ではなく、こちらも白のTシャツに、足元は滝クリとお揃いの白いスニーカーというラフなスタイルだ。

「進次郎さんは昨年9月、戦後史上3人目の若さで初入閣を果たしたものの、目立った活躍が見られないばかりか、過去の女性スキャンダルが報じられてバッシングを浴びるなど、以前の爽やかなイメージは消えつつあります。最近ではコロナ禍も手伝って、あの“進次郎節”もすっかりなりを潜め、ますます存在感が薄くなっている印象です」(全国紙政治部記者)

 対照的に妻の滝クリは、ここへきて急速に存在感をアップさせている。

「出産前にMCを務めていた教養バラエティー番組『教えてもらう前と後』(TBS系)の5月26日放送回にリモート出演し、“テレビ復帰”を果たしました。数か月ぶりに見る滝川さんは、以前と変わらぬ美貌に加え、母親になったことでよりいっそう芯が強くなり、発言にも深みが増したように感じました。

 彼女の存在感をあらためて認識したテレビマンも多く、業界では、にわかに“滝クリ待望論”が沸き起こっています。帯の報道番組で、華々しく復帰するのではないかという話もあるくらいです」(テレビ局関係者)

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン