国内

眞子さま結婚問題の早期解決に向け、皇室と宮内庁が「総力体制」へ

(2019年10月、茨城県久慈郡。時事通信フォト)

結婚問題の行方は(2019年10月、茨城県久慈郡。時事通信フォト)

 新年早々、物騒な事件が起きた。1月2日午後10時頃、東京・元赤坂にある赤坂御用地に男が侵入。誰にも気づかれずに2時間近く御用地内を徘徊したのち、建造物侵入容疑で逮捕された。

「赤坂御用地には、天皇ご一家が暮らす御所や、秋篠宮ご一家の宮邸などがある。あまりにも不用心な警備体制で、一大事に至らなかったことは不幸中の幸いだったというべきでしょう」(警察関係者)

 男は29才。動機については曖昧な供述をしているという。その前日の元旦。皇居で「新年祝賀の儀」が行われた。皇居・半蔵門には皇族方の姿をひと目見ようと、寒空の下、人々が集まっていた。

 だが、秋篠宮ご一家だけは人々が待ち受ける半蔵門を通られることはなく、急きょ反対側の皇居正門から入っていった。緊急で何らかの警備上のアクシデントが起きたことは、疑いようがないだろう。新年の幕開けを、秋篠宮ご一家は不穏な形で迎えることとなった──。

皇室全体が危機に立ち向かう体制に

「年が明け、宮内庁内部にある動きが見られます。美智子さまが長年厚い信頼を置かれてきた“危機管理のエキスパート”を宮内庁に招くことが検討されているようです。そうした動きは皇室の現状が“危機的な状況にある”ということにほかなりません」(皇室関係者)

 宮内庁が早急な対応を迫られている「危機」──それは昨年12月に西村泰彦宮内庁長官が会見で述べた見解が指し示す通りだ。

「小室さん側と小室さんの代理人に説明責任がある」
「小室さん側が沈黙することで、かえって国民に誤解を与えることになる」

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン