ライフ

認知症の老親の不安を取り除くケア技法「ユマニチュード」

aaaaa

ユマニチュードでは正面から、近づいて、水平に、長い時間、目線をしっかり合わせることがポイント

 親が認知症になっていちばんつらいのは、コミュニケーションが取りにくくなることではないだろうか。自分がよく知るはずの親の変化は理解するのも受け入れるのも難しい。一生懸命やっているのに甲斐なくすれ違ってしまう。

「ユマニチュード」はそんな認知症ケアの困難を解決する技法として注目されている。そこに貫かれた哲学は家族に大きな気づきをくれる。日本ユマニチュード学会代表理事の本田美和子さんに聞いた。

うまくいかない原因 キーワードは “不安”

「人は不安があると、とても落ち着かなくなるものです。認知症のある人が同じ質問を繰り返したり、急に怒り出したり、むやみに拒否したり、ケアする人が困った状況になるときの多くは、本人が不安を感じているときなのです」と言う本田さん。

 認知症は脳細胞が変化して、記憶障害や判断力の低下、時間や場所、言葉の意味がわからなくなることもある。このような機能低下で不安になるのは想像に難くないが、実は家族などケアする人の何気ない言動が不安を増幅させ、困った状況の引き金になることも少なくないという。

「たとえばこんな事例があります。料理をたくさん作って並べたけれど、老親がまったく食べてくれない。原因はたくさんの情報(料理など)が処理しきれなくなっていて、混乱したせいでした。目の前のお皿に一品だけ出されれば安心して食べられる。表面的には気づきにくい場合も、原因は必ずあるのです」

 ほかにも、認識できる視野が狭くなるため正面以外から声をかけても気づきにくくなったり、理解や判断に時間がかかるようになるため、矢継ぎ早に話しかけられると混乱したりする。家族にとっては当たり前のことが、当たり前でなくなっていると気づくことがスタートなのかもしれない。

「機能が低下しても本人が穏やかに生活できるよう、またケアの困り事を解決するためにも、できるだけ〝不安”を取り除くことが大切です。しかし認知症の出方は人それぞれ、タイミングによっても変化しますから、何が不安か、原因を探るのは簡単ではありません。その手掛かりを見つけるためのコツがユマニチュードの中にあるのです」

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン