• TOP
  • 芸能
  • 今春パパになる二宮和也、西島秀俊夫妻の助言を受けて妻と挑んだ妊活

芸能

2021.01.14 07:00  女性セブン

今春パパになる二宮和也、西島秀俊夫妻の助言を受けて妻と挑んだ妊活

スマホで電話をかける二宮

家庭を築きたいという思いがあったという二宮(写真は2018年11月)

 この元日から、嵐としての活動を一旦休止したメンバーたちは、それぞれ新しい第一歩を踏み出している。なかでも最も生活が変わるのは彼かもしれない。二宮和也(37才)、彼がファン、メンバー、そして最愛の妻を思って進めた「家族計画」とは──。

 寒波が一瞬後退した昨年12月下旬。暖かな日差しの昼下がり、都内の閑静な住宅街をゆっくりと慎重に歩く1人の女性がいた。ロングの白いプリーツスカートが、タイツをはいた脚を足首まで覆っている。ヒールのないパンプスを合わせ、羽織る淡いベージュのファーコートは、かなりの厚手に見えた。厳重な防寒ファッション。ただ、コートの前は不自然に開けたまま。正確にいえば、ボタンを留めることができない様子だった。

 この女性は元フリーアナウンサーで、嵐の二宮和也の妻・A子さん(40才)。A子さんには昨年、ある変化が訪れていた。

「去年の夏頃から、食事の誘いなんかを全部断るようになっていたんです。最初は新型コロナに感染して、旦那さんに迷惑をかけないようにしていると思っていたんですが、それだけが理由じゃなかったんです」(A子さんの知人)

 その答えをA子さんは最近になって周囲に報告し始めている。先の知人がうれしそうに続ける。

「A子さんはいま、妊娠しているんです。安定期に入ったタイミングで、少しずつ親しい人に報告しているみたいです。出産は今年の春頃って聞いています。いまは随分お腹も大きくなっていて、赤ちゃんの順調な成長も感じさせます。

 A子さんは“ずっと子供がほしい”と言っていたので、念願が叶ってよかった。ただコロナ禍ですから安定期に入ったいまも外出には気をつけていて、外に出るのは運動のために散歩する程度って言っていました」

 二宮とA子さんにとって待望の第1子が間もなく生まれる。子供は授かりものというが、そのタイミングは、ふたりにとってあまりに重要だった。

 二宮とA子さんが4年間の交際を経て結婚を発表したのは、2019年11月のこと。2019年は、1月に「2020年いっぱいで嵐の活動休止」が発表された年だ。それゆえ、当時は「なぜこのタイミングでの結婚発表なのか」、「活動休止を待てなかったのか」という声が、ファンから上がったのも事実。さらに一部では、結婚発表はメンバーの反対を押し切って強行され、グループ内で二宮が孤立していると報じたメディアもあった。

「当時の彼はA子さんを幸せにしたい一心で、当然、彼女との間に子供も求めていました。しかし、結婚発表のネガティブな反響の大きさは想像以上で、子供のことはすぐには考えられなくなった。そこから彼は妊娠・出産の時期について、頭を悩ませることになったのです」(芸能関係者)

 嵐が活動休止まで一丸となって進むなか、それ以外の報告は、ファンにとって歓迎し難いものだったのかもしれない。だが一方で、3才年上のA子さんとの間に、すぐにでも家族を築きたいという思いも二宮にはあった。何より二宮の胸のなかには、A子さんに「がまんばかりさせてきた」そんな“負い目”に近い感情があったという。

関連記事

トピックス